こんばんは。
毎日寒いですね。
皆様、お風邪など引かれていませんか?

もうすぐクリスマスって事で風花とのクリスマスの思い出の写真を少しだけ。
まずは風花がまだ4ヶ月の頃の写真です。(私に遊ばれて「なんで、こんな目に~。(/_;)」って顔してますね。(^^ゞ)
20011219-ツリー00

次は2年前(風花14歳4カ月)のビワドッグでの写真です。
(ケーキの中の風花は本物の風花です。ケーキの絵が描いてあって、上から写真を写すと本物のケーキの中に風花がいるように見えます。(^v^)←写真をクリックして大きくして見て下さいね。(^v^)
2015-11-ビワドッグケーキ00

次はドッグランでの風花の写真です。
14歳4カ月でも、とっても元気に走り回って楽しそうにボール遊びをしていました。(^v^)
2015-11-ビワドッグ-ドッグラン00

本当は去年もいく予定だったのですが、どうしても仕事を休めず「仕方ない。来年(今年の事です。)行こう。」なんて呑気な事を考えていました。
次なんてなかったのにね…。(呑気な私を後ろから蹴飛ばしてやりたいです。)


さて、12月3日(日)、我が家にお客様が来てくださいました。
風花がまだ元気だった頃に1度来てくださった、わるっちママさんご夫妻とわらび君です。

以前からお約束して下さっていた風花の供養にわざわざ来てくださり、素敵なお花やお菓子など、お土産一杯で有り難く感謝感謝の1日でした。

わらび君が居るのに話題は去年虹の橋に旅立ったわるっちママさんの愛犬のベル君と風花の話ばかり。
わらび君、ごめんね。m(__)m
でも、この日も一杯息子自慢&娘自慢のワンコ談義に花が咲きました。(^v^)

ご主人さまは相変わらず、とても優しくて、わらび君はずっとご主人さまのお膝の上で寛いだり寝んねしたり。
あんまり可愛くて、つい撫で撫でさせて頂きました。
その様子はこちら。(^v^)わらび君&パパさん00

わるっちママさん、ご主人さま、そしてわらび君も楽しい時間を有難うございました。
また、いつでも遊びに来てくださいね。

そして12月10日の日曜日はかねてからの念願のアイル君に会いに行ってきました。(アイル君の調子が良いので「良かったら」って言って下さったので飛んで行きました~。(^v^)
アイル君、一時は危ないっておっしゃっていたので心配しましたが私が伺った時は元気そうで持って行ったワンコビスケットやボーロを妹犬達のリリララちゃんと一緒に美味しそうに食べてくれて、とっても嬉しかったです。(^v^) ↓なんと玩具でも遊んでくれました。ヽ(^o^)丿
アイル君00

アイル君があんまり穏やかで優しいので一杯ナデナデさせて頂いたり抱きしめさせてもらいました。
アイル君、本当はクールなんだそうですが黙って抱きしめさせてくれました。
アイル君、有難う!

そしてそして妹犬ちゃん達のリリララちゃん達の元気で可愛いこと!(2人共まだ1歳ですが色々訳があって今、クレアママさんの所で幸せに暮らしています。)
お姉ちゃんのリりちゃん(ゴールデン)はしっかり者で美人さんで我が家の先代犬の小雪そっくりで、そして妹のララちゃん(ラブ)は元気でお転婆で1歳の頃の風花を彷彿とさせる位お顔もしぐさもそっくり瓜二つで嬉しくて涙が出てしまいました。
持っていった玩具で二人と一杯遊んでもらって、またまた一杯癒された私です。
アイル君&リリアちゃん&ララナちゃん00
ララナちゃん&リリアちゃん00

アイル君、リリアちゃん&ララナちゃん、一杯遊んでくれて有難う~~~!
アイル君もリリララちゃんも次に会う時まで元気で居てね♪(^v^)
&、ママさん、風花への綺麗なお花と美味しいお菓子を有難うございました。<(_ _)>

そして昨日はまたまた引退犬達の募金活動に参加させて頂いてきました。
昨日は我が家地方2か所でありましたので、時間差で2か所参加させて頂きました。
先日のようにデパートの中ではなく2か所とも屋外だったので、カイロ等を張って完全防寒で行きました。

先日は引退したワンコさんや現役の盲導犬達が参加してくれてたのですが、今回はなんとパピーちゃんやキャリアチェンジ犬、そして勿論引退した盲導犬や現役の盲導犬達も居て賑やかで楽しい募金活動でした。
1か所目の写真です。(3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月のパピーちゃんに現役&引退した盲導犬達です。(^v^)
もうワチャワチャです。苦笑。
1216-引退犬00

次の写真は2か所目の写真です。
なんと3ヶ月のパピーちゃん3頭にそのお姉ちゃんの盲導犬、繁殖犬のお母さんです。
駅-1216-引退犬&パピー00

パピーちゃん達が居るだけで沢山の方が足を止めて下さったり、お子さん達も興味を持って触りに来てくれたりと、昨日も沢山の方が募金してくださいました。
寒い日でしたが、頑張ってくれてるワンコさん達や、ワチャワチャしてるパピー達を見ているだけで心が癒されて心はポカポカでした。(^v^)

最後に風花の死をご存じなかった方から「風花ちゃんへ」って綺麗なお花やブリザード付きの写真立てを頂きました。
左上からAママさん、クレアママさん、下左、愛ママさん、瓶の赤がわるっちママさん、黄色がKママさん(偶然にも同じ瓶でした。先代犬の小雪にも頂いたようで嬉しかったです。)、カレンダーはK君のおばあちゃん(私の友人です。)からクリスマスプレゼントに頂きました。風花が笑っているようで、とっても可愛くって嬉しかったです。(^v^)
お花&カレンダー00

沢山のお花を頂いて一気に風花の祭壇が賑やかに華やかになりました。
皆様、本当に有難うございました。<(_ _)>
1216-風花祭壇00

今日も長い文章を最後まで読んで下さって有難うございます。
年末年始と何かとお忙しいと思いますが、そして寒さも増してきますが、どうぞ暖かくしてお過ごしくださいね。
皆様と皆様の毛深い可愛い子達が明日も笑顔で過ごせますように!(^v^)

追伸
母が今年3月に亡くなりました。
なので、こちらからはお年賀状をお出しできませんが頂くのは良いようです。
風花の居ない初めてのお正月で、ただでさえ寂しいお正月です。
勝手なお願いですが、良かったら皆様の可愛い毛深い子達のお年賀状を頂けたら、とっても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.12.18 Mon l 未分類 l コメント (16) l top
こんにちは。
またまたご無沙汰してしまいました。m(__)m
皆様、お変わりありませんか?

風花が突然私の前から居なくなって4ヶ月。
ワンコの居ない秋、そして冬に向い寂しさは募るばかりです。
太陽の消えた我が家は今まさに冬の寒さに凍えています。
私は先日のブログで「もう泣かない」なんて書きましたが「泣かない」ではなく「泣けなくなって」しまいました。

4ヶ月経ったからこそ、忘れていた事(忘れたかった事?)を色々思いだし、風花を助けてやれなかった後悔と懺悔と、そして悔しさに泣くに泣けない状態です。
そして思いだしたくない事は思いだすのに、風花と過ごした最後の夜の記憶は曖昧なままです。

あの日(風花と過ごした最後の夜)、風花と一杯ボールで遊んだのは覚えていますが、寝る前に風花とどんな会話を交わしたのか?
多分、いつものように「風花、愛してるよ。大好きだよ。これからもずっとずっと一緒に居ようね。お母さんから離れちゃ駄目だよ。(こんな事を毎晩言ってたので風花は未だに私の側に居てくれるのでしょうか?)」って言って、そして風花と手を繋いで寝たと思うのですが、記憶は曖昧なままです。

それほど、あの夜は私と風花にとって、なんてことない日常の延長の夜でした。
まだまだこれから風花と一緒に毎日を暮らせるって信じて疑いませんでした。
あの夜が風花と過ごせた最後の夜になるのが判っていたら寝ないでずっとずっと風花を見ていた事でしょう。
ずっとずっと風花を撫で続けていたことでしょう。そして一杯一杯お話しもしたでしょう。
仕事にも行かず、ずっとずっと風花を抱きしめて側にいたでしょう…。

あんな形で風花との別れになるなんて思ってもいなかった私は、その大事な時間を何をして過ごしたのか薄ぼんやりとしか覚えていません。
別れは必然です。
今この一瞬一瞬はどんどん過去になっていって2度と戻ってはきません。
今さら遅いですが、風花が居なくなって改めてその事に深く気付かされた愚かな私です。
皆さん、どうか今、側に居てくれる愛しい子との時間を大切にして下さい。
明日がある確証なんて何処にもないのですから…。


風花は友達を通して私にメッセージを送ってくれたり私の夢に出てきてくれて嬉しく有難いのですが、でも、あんまり夢に出て来てくれたり気配を感じると「ひょっとして風花は自分が死んだことが判っていなくて昼間はお空で友達と遊んでいても夜になると帰って来てるんじゃないか?」って心配になります。

そんな事を思いつつ、先日ん十年ぶりに風邪をこじらせ微熱(普段が低体温なので微熱でも結構しんどかったです。)で意識がもうろう状態だったのですが、そのもうろうとした頭で「風花が私に会いに来るのを止めて成仏させてあげなくっちゃ。その為には私が風花の所へ行けば良いのでは」等とあらぬ事を考えていました。←風邪が治った今はそんな事は考えていませんのでご心配なく。
でも、もうこの世界では風花に会えないと思うと、やはり辛いです。辛すぎます。
夢でなく、生風花に会いたい!会いたい!会いたい!
叶わぬことと知りつつ毎日毎日願わずにはいられない情けない私です。

暗くなりました。m(__)m ちょっと、ここで気分を変えて去年の風花の写真を見て下さいね。
風花とカサコソと落ち葉を踏んでお散歩に行くのが大好きでした。
2016-11月-落ち葉と

2016-11月-落ち葉と00
ちょっと風花のお顔をアップにしてみました。(判らないかもしれませんが風花の瞳に私が写っています。)

そして同じく去年の寝んねの写真です。風花、とっても気持ちよさそうに眠っています。(^v^)
可愛くて愛しすぎます。←親馬鹿です。(^^ゞ
2016-11月-寝んね00

さて、話の続きです。
その辛さをなんとかしたくて風花の4回目の月命日の11月25日に引退した介助犬達を支援するボランティアに参加させて頂きました。
ボランティア自体は先代犬が元気だった頃、保護施設でワンコのお散歩をしたりお掃除をしたりのボランティアはした事はあったのですが、今回のように街頭で不特定多数の方に声をかけて寄付をお願いするのは初めての経験でした。

始めは何をすれば良いのか判らなかったのですが、思い切って他の方の真似をして大きな声で支援のお願いコールを何度もしました。
今回の場所が百貨店の中のクリスマスの歳時が行われている横だったのもあって、そして引退した盲導犬や現ユーザーさんと盲導犬、キャリアチェンジ犬等入れ替わり立ち替わり計6頭が来てくれて皆さんワンコを見ると募金活動に興味を示して下さり足を止めて寄付をして下さったり、お子さんも寄付をして下さったりしました。

中にはワンコを亡くされたばかりの方や、今は高齢で飼えないけどワンコは大好きって方達やワンコの可愛さにひかれたワンコ好きな方等が沢山寄付をして下さいました。(ワンコを亡くしたばかりの方とは「お互いに前へ進めるように頑張りましょう。」と励ましあいました。)

ワンコさん達、みんな優しくて健気でお利口さんでした。
そんなワンコさん達に触れながら皆さん笑顔笑顔でした。(ワンコの周りには笑顔の花が咲くんだって改めて思いました。(^v^)
そして、勿論私も一杯ナデナデさせてもらって一杯癒されてきました。
久しぶりにラブに一杯触れて、お耳の柔らかい毛に触れて、5時間半立ちっぱなしで声を張り上げて、またまた声がガラガラになり少々疲れましたが、でも、そんな疲れも吹っ飛ぶ位に心癒され幸せな1日でした。
なんだかボランティアしたんだけど、ワンコさん達には私の心のケアをしてもらって救われた1日になりました。

頑張ったワンコさん達の写真を見て下さいね。みんな本当に可愛くって良い子達でした。(^v^)
1125-介助犬

1125-介助犬01
最後はちょっと疲れて眠ってます。(^v^)

余談ですが、この日(ボランティアに参加した日)の朝、また夢を見ました。
一瞬の夢でしたが風花が笑顔で私に走ってきてくれる夢でした。
そして、その日の夜、帰って写真の整理などをしていたら、後ろで風花がいつもやっていたような「ふぅ~。」って言うため息が聞こえました。
思わず後ろを振り返りましたが勿論風花は居ません。でも、不思議ですが確かに風花のため息を聞いたのです。
思わず声に出して「風ちゃん、居るの?」「有難う!でも、もう皆の所へ帰って寝んねしなさいね。」って言いました。(夜中に独り事言って、ちょっと私おかしいかもしれません。(^^ゞ)

それから、ちょっと嬉しい事が。
前にも書きましたがあやっちさんがブログで可愛い風花を描いて下さったので画像をお借りしてきました。
見て下さいね。私にプレゼントしようと花籠を背負っている風花と、私の髪に黄色いお花を飾ってくれてる風花です。
あやっちさんの風花の絵♪

どちらもめっちゃ可愛くって心癒されます。そして、あやっちさんの書く「らぶらどる物語」は優しくて可愛くて心がほっこりする物語です。良かったら見に行って下さいね。←絵をクリックすると大きく見れます。(^v^)

引退犬達に癒され、あやっちさんのイラストに癒され物語で元気をもらい、なんとか明日も頑張らなくっちゃ!ね!(^_-)-☆

追伸
前々回登場してくれた風花のブログのお友達のさくらちゃんの脾臓に腫瘍が発見され木曜日に手術を受けます。
さくらちゃん、あと1ヶ月弱で16歳のお誕生日を迎えます。
どうか、さくらちゃんが手術を無事に乗り越えて元気に16歳のお誕生日をお祝い出来るように皆さんからも一杯元気玉を送って応援してあげて下さい。m(__)m
私も毎日、小雪と風花と一緒に元気玉を一杯送ってます。(^v^)
さくらちゃんには風花の分まで元気に16歳を迎えてもらって楽しいシニアライフをまだまだ穏やかに幸せに送って欲しいと願っています。
(12月1日追記。さくらちゃん、手術を無事に乗り越えてくれました。ヽ(^o^)丿
応援して下さった皆様、有難うございました。あとはゆっくりゆっくりで良いので元気になって無事に16歳のお誕生日を盛大にお祝い出来る事を願ってます。(^v^)

それからクレアイルの老犬家族のアイル君も今、病気と一生懸命闘っています。
どうかアイル君がパパさんやママさんと可愛い妹達と穏やかに幸せに毎日を過ごせるように応援を宜しくお願いいたします。m(__)m

最後になりましたが、ラフィ&あみままさんからとっても瑞々しくって美味しいみかんを頂きました。
早速、小雪と風花へお供えさせて頂きました。
お蜜柑-お供え
ラフィ&あみままさん有難うございました。&、ご馳走様でした。m(__)m

まだここを覗いて下さっている皆様、今日も長い文章を読んで下さって有難うございました。
感謝です。m(__)m
皆様と皆様の愛しい毛深い子達が明日も笑顔で過ごせますように!(^v^)
2017.11.29 Wed l 未分類 l コメント (16) l top
こんにちは。

父(94歳)が体調を崩したり、私自身も久しぶりに風邪をひいてしまったりして(風花を見送って気が緩んだのかもしれません。(^^ゞ)中々ブログの更新が出来ませんでしたが、皆様、お変わりないでしょうか?
我が家は32年ぶりのワンコの居ない、ちょっと寂しい秋を過ごしています。

さて、10月13日は風花が我が家の娘になってくれた養女記念日でした。
16年前、風花は先代犬を亡くし悲しみのどん底にいた我が家に次女として来てくれました。
風花を迎えておきながら先代犬への思いも強く、まだまだ涙涙だった私を幼いながらも支えてくれた風花。

溢れるパワーと仔犬特有の「わからんちん」ながら、何か私の悲しみを察して私が泣いていると、小さな体で私によじ登り、私の頬を伝う涙を小さな暖かい舌で一生懸命舐めてくれました。
その暖かい舌にどれほど癒され慰められたことか。
思えば風花は我が家に来た時からずっとずっと私を励まし支えてくれました。

我が家に来た頃の幼い風花です。
1015-パピー風花
1015-パピー風花02
1015-パピー風花-ボール00
1015-パピー風花04
1015-寝んね

そんな風花に私は何の恩返しもしないまま、あの日、風花は私の手の中からあっという間に旅だってしまいました。
風花は「笑って」っ言うけれど、笑ってあげたいけれど、情けないことに、まだまだ風花の死を頭では判っているのですが、心が受け入れられずにいました。
だって風花は私の全てだったのですから。

あの日、何故風花は死ななければならなかったのか?
今さら言っても仕方のない事だけど、風花の命の灯が私の目の前で、どんどんどんどん小さくなって消えていくのを、どうすることも出来ず、ただただ見守る事しか出来なかったあの日の事が悔しくて悔しくて悔しくて…。毎日眠れない日を過ごしていました。

そんな時、夢を見ました。なんと5日続けてです。

実は10月半ば頃、あんまり寒いので寝るときに羽毛布団の間に去年風花に買ってあげてずっと風花が使っていた毛布を間に挟んで寝てました。
この毛布、結構大きくて私の肩から足先まであります。
おまけにとっても暖かいのです。

昨年、風花に「なりきりスヌーピーの洋服」に、この毛布をかけてあげたら毎年冬は私の布団に潜り込んで来て一緒に寝てたのに来てくれなくなり、寂しかったのですが、これだけ暖かいと来る必要はないかも。←風花は甘えただけれども結構クールでもありました。

スヌーピー洋服を着た風花と毛布をかぶった風花です。
2016-11見返り風花&寝んね風花
2016-11スヌーピー&寝んね風花

話が長くなりましたが、この毛布を着て寝たら、なんだか懐かしい感じがして、暖かくて、まるで風花にすっぽりと包まれているような気がして、とても幸せな気持ちで眠れます。(今でもこの毛布を1番始めにかけて、その上に毛布や掛け布団をかけて寝ています。)

こんな感じだったので、1日目の幸せな夢を見られたのかもしれません。
1日目の夢は(夢なのでハチャメチャなのですが。)、

何故か我が家に黒くてもじゃもじゃの仔犬が来ていて、その子を白い子(我が家の子なのは間違いないのですが、その子が風花なのか先代犬の小雪なのかは判りませんでした。)が一生懸命にお世話をしてくれています。
仔犬を連れてきたのは、とても感じの良いご夫婦だったのですが、何故かそのご夫婦が何処かへ行ってしまいます。(夢なので本当に設定がめちゃくちゃです。汗。)

私は仔犬は可愛いものの、夢の中でも結構冷静で「わぁ~、どうしよう。まだ仔犬って事はあと15年は生きてくれるよね。私達に最後までお世話出来るだろうか?」ってちょっと不安になっていました。
でも、仔犬は可愛いし、白い我が家の子は愛しそうに甲斐甲斐しくお世話してるし「どうしよう!」って思ったところで目が覚めました。
目が覚めた時、夢の中で困ったなって思いながらも嬉しかった気持ちが残っていて、ちょっと幸せな気持ちで目覚めました。

そして2日目の夢は、
もっと具体的で仔犬の風花の子育てを一生懸命している夢でした。
仔犬の風花は可愛くて可愛くて、そしてまた風花に出会えて幸せで幸せで、目が覚めてからもずっと幸せな気持ちで過ごす事が出来ました。

そして3日目の夢はちょっとハッキリしないのですが、やはり犬と暮らしていてこの日もとても幸せな気持ちで目覚めました。
そして、4日目は今度は大人になった風花と楽しく遊んでいる夢を見ました。

そしてそして、なんと5日目の夢は一昨年の冬のように風花が私のお布団に静かに潜ってきてくれて、背中を向けて眠る風花を後ろから抱きしめてピッタリと体を寄せ合って眠っている夢でした。
目が覚めてからも風花の体を抱きしめた感覚が残っていて、とてもとても幸せな気持ちになりました。

最近は目覚めるとすぐに風花のお骨が見えて(未だに和室に寝れずにリビングで小雪と風花のお骨や岳君やチビ風花と寝ていますので。)「あ~~~、今日も風花の居ない1日が始まるんだ」って思い朝から沈んだ気持ちになっていましたので、連日のように夢で風花やワンコに会い、なんだかとても幸せな気持ちになりました。

そして、これは夢ではないのですが先日疲れてうつらうつらしていたら、視線を感じました。
風花が私に何か伝えたい時に良く前や横からじっと私を見ていたのですが、その視線と同じ視線です。
そのまま、まだうつらうつらしていると今度はいつも風花がするように鼻先で私の腕をちょんちょんとつつきました。
ハッとして見ましたが勿論風花はいません。
でも、また目を瞑ると今度はもっとハッキリと風花の視線を感じました。
風花、私が心配で時々一緒に居てくれるようです。

私を見つめる風花です。
2016-11見つめる

嬉しいような、でも、いまだに心配をかけて申し訳ないような気持ちになりました。
風花は未だに私を心配して友達にメッセージを伝えたり夢に出てきてくれたりして私を支えてくれてるのかもしれません。
あんまり風花に心配をかけてはだめですね。

風花、ごめんね。
「もう泣かないで。」って言われるけど「思い出す時は笑顔で」って言われるけど、もう少し、もう少しだけ泣かせて…。
風花の喜ぶ顔を見たいから母さん、頑張るよ。
だけど、もう少しだけ時間を頂戴ね。

そんな事を思っていた百ヶ日の日の朝方、久しぶりに風花の夢を見ました。
夢のなかでは風花と楽しく遊び、そして風花が愛しくて愛しくて風花の顔をいつまでもいつまでもクシュクシュと撫で回していました。
なんだか、とても幸せな夢で風花をとても身近に感じました。
まだまだ寂しく悔しい気持ちは消えませんが、でも「風花はいつでも私の側に居てくれる」って、ようやく実感出来ました。

ここからは風花への私からの手紙です。

『風花、色々な形で母さんにメッセージを伝えてくれて有難う。
もう良いよ。もう母さんの事を心配しないで、そちらの世界で思いっきり皆と遊んでね。
母さん、風花のお陰で少しだけ強くなれたよ。
風花の言うように「いつも一緒!」ってやっと実感できたから、今、心はとっても穏やかです。
だから安心してね♪

まだまだ泣きたい時もあるって思うけれど(泣いちゃうかもしれないけれど)、でも、もう大丈夫!
母さん、もう泣かないよ。だから風花もいつでも笑顔で居てね。
何処に居ても、たとえ母さんの側に居なくても姿形は見えなくっても風花さえ笑っていてくれるなら、母さんはもうそれだけで幸せって、風花のお陰で思えるようになったよ。

思えば、我が家に来た時から風花は母さんを支え続けてくれたね。
今、風花のあの可愛い小さな暖かい舌の温もりはないけれど、でも抱えきれない程の風花との幸せな思い出と共にこれからは強く生きていきます。だから本当に心配しないでね。

風花、本当に、本当に、一杯一杯の楽しく幸せな時間を有難う!何度言っても言いたりないくらい「有難う!」
風花は我が家の太陽だったし自慢の娘だよ。永遠に愛しているし風花と暮らした16年近い年月は母さんの大切な大切な一生の宝物です。
最高の宝物の時間を有難う♪一生消えない幸せな時間を有難う~~~!』

追伸
百か日法要とは?
「 百か日法要は卒哭忌(そっこくき)とも呼ばれ、この百か日法要をもって、残された遺族は「哭(な)くことから卒(しゅっ)する(=終わる)」、つまり、悲しみに泣きくれることをやめる日であることも意味する。」
今日で私も頑張って泣くなのは止めようと思います。

それから、それから今日11月6日は風花のブログのお友達のラフィ&あみままさんちのあみちゃんの18歳のお誕生日です♪
あみちゃん、今も食欲旺盛でお散歩にも行ってるしチッコ&うんPもまだまだ自分で出来ます!
そして何より最高に笑顔の可愛い子です♪
今日のお姫様のようなあみちゃんを見てあげて、そして応援してあげて下さいね♪(写真をクリックしてね。(^v^)
あみちゃん18歳のお誕生日♪

あみちゃんには風花の叶えられなかった『元気で楽しいシニアライフ』をこれからも穏やかにあみちゃんのペースでゆっくりのんびりと過ごしてほしいと願ってます♪(^v^)
2017.11.06 Mon l 風花との日々 l コメント (22) l top
皆さん、こんにちは~♪風花やよ。(^v^)
風花♪♡

母さんがなんや落ち込んでて中々ブログの更新をせえへんから今日は虹の橋から風花が代わりにを書くよ。

風花、今ね、めっちゃ良い所におるねんよ。
痛かった足も痛くなくなって体も元気になって毎日美味しい物一杯食べて広~~~~い原っぱでお友達と掛けっこしたりプロレスしたりして楽しく遊んでるよ。

母さんは毎日「ごめんね。」とか言うてるけど謝る事なんかなんにもないねん。
せやかて母さんも父さんも風花の事、一杯愛してくれたし、美味しいご飯やオヤツも一杯くれたし、楽しいお出かけにも一杯連れて行ってくれたもん。ボール遊びも一杯してくれたよね。
風花、楽しかったよ。
母さん達に会われへんのは、ちょっと寂しいけど、でも、風花が会いたいって思ったらいつでも会えるし、風花はこれからも母さんの側にいつでも居るから安心してね。(体がないから、めっちゃ自由やねんよ。(^v^)

せやから、もう泣くのいいかげん止めてね。
風花もほんとはもうちょっと頑張ろうって思ってたけど、出来たら母さんと一緒にお家に帰りたいって思ってたけど、もう無理やってん。
出来たら、また母さんとこんな風↓に遊びたかったから頑張ったけど、体が言う事を効いてくれへんかってん。
お別れも言えんと慌ててこっちに来てしまって、風花の方こそごめんね。
桜、母さんと♪

けど、さっきも言うたけど、風花はこっちの世界で先に逝った皆に会えて母さんのブログのお友達ワンコさんともお友達になれて毎日楽しく暮らしてるから心配せんといてね。

母さんがあんまり泣いたら風花も悲しくなるよ。
母さん、毎日風花に「ごめんね。」と「有難う」って言うてくれるけど、母さんと父さんと一緒に暮らせて風花も楽しかったよ。
母さんも父さんも一杯可愛がってくれて愛してくれて本当に有難う♪

一つお願いがあるよ。
風花の事を思い出す時はいっつも笑顔で居てほしいな。
風花、母さんの笑顔が大好きやから、これからも笑顔で居てね。約束ね!

虹の橋ではね、先に来た私達が残してきたパパやママ達をずっとずっと待ってるねんよ。(もち楽しく遊びながら。)
風花も母さんと父さんが来てくれるまでいつまでも待ってるから。ね!(^_-)-☆
せやから慌てんとゆっくり来てね。

母さんのパソコンの写真を借りて、ちょっとこっちの世界の様子をお知らせするから見てね。
こんな風に毎日皆で集まって楽しく遊んでるよ。(あっ、もう首輪もリードもないねんよ。みんな自由やよ。(^v^)
公園で、皆と♪

次はベル君と一杯ボール遊びしてるとこやよ。(風花、ボール遊び大好きやから、こっちでもベル君と毎日ボ-ル遊びしてるよ。(^v^)
ベル君とボール遊び♪

大好きなちびちゃんやジャック君、幼馴染の古都ちゃんやベル君にも会えて、風花毎日楽しいよ。
公園で、皆とボール遊び♪

こっちにも桜があるから桜の前で古都ちゃんやベル君や、ぷうちゃんのお兄ちゃんのとらちゃんや、いずもちゃんのお姉ちゃんのケイちゃんやミミちゃんやゴンちゃんやジャック君やサンちゃんとも会えて仲良く遊んでるよ。
桜、皆、仲良し♪

風花、始めは自分がなんでここにおるのか判らんかってん。
母さんや父さんは何処に行ったんかなって、ちょっと寂しくなってたら小雪お姉ちゃんや古都ちゃんやベル君や懐かしいメンバーが皆で風花の事を迎えに来てくれて安心したよ。
せやから、ほんまに風花の事は心配せんといてね。

そうそう。「僕のワンダフルライフ」、母さんが劇場に風花の写真持っていって風花にも見せるから一緒に観たよ。
母さんが「これ観て、風ちゃんも小雪お姉ちゃんと一緒に母さんの所へ帰ってきてね。」って言うてたよ。
うん。風花、また母さんに会いたいから頑張ってみるね。
せやから、もうちょっと待っててね。(小雪お姉ちゃんが先に生まれてたら小雪お姉ちゃんと合体して母さんの所へ帰るから仔犬じゃないかもしれへんから、ちゃんと小雪お姉ちゃんと風花の事を見つけてね!)

追伸やよ。
最後の日に母さんが風花の名前を一杯呼んでくれたのに先にこっちに来てしまって本当にごめんね。
けど、最後まで母さんの声を聞きながらこっちの世界にこれたから、風花は安心してこっちにこられたよ。
母さん、有難う。(^v^)

それから、お友達ワンコさん達からママさんやパパさんへの伝言やよ。
「皆こっちでは1番元気な姿に戻って美味しい物一杯食べて仲良く楽しく遊んでるから心配せんといてね。ほんで皆、いつでもママやパパの側にいるからね。私達の事を思い出す時は笑顔で思い出してね。」ってみんな笑顔で言うてるよ。
せやからお友達ワンコさんのママさんやパパさんも安心してね。(^_-)-☆


以上、友達が風花に頼まれて風花の気持ちを代弁して私に伝えてくれました。
この場を借りて有難う!感謝です!<(_ _)>
なんか涙が出ますが、でも風花の言うように笑顔でいないとね。
折角、風花が私にメッセージを送ってくれたんだから元気出さないと!

記事のアップが中々出来ませんでしたが、なんか風花、元気そうやし、皆と楽しく遊んで、美味しい物も一杯貰ってるようで、安心しました。(寂しいのは残された私達だけですね…。)

ちなみにあやっちさんのブログ「らぶらどる物語」では風花はアルままさん家のすずちゃんと一緒に「虹花畑」って言うお花屋さんをしていて「ホネ型クッキー1個で大きな花束」を作っては、その場でクッキーをアグアグと食べてしまっているようです。(^v^)

ワンコは風花が最後って思っていますが、小雪と風花が私が仕事を辞める1年半後くらいに、またご縁が繋がって私の所に戻ってきてくれたら本当に嬉しいな♪(^v^)

アップが遅くなりましたが、「四十九日に合わせてぐーちゃんのママさんがとっても綺麗なお花を送ってきて下さいました。
光触媒の蘭の花でお手入れいらずで、ずっと長持ちしてくれます。
ぐうたらでお花を育てる事が下手な私にはピッタリでした。
丁度、生のお花が少なくなって寂しくなっていたので、とっても嬉しかったです。
風花の祭壇が一気に明るくなりました。ぐーママさん、有難うございました。
0920-祭壇
ちなみに、ぐーちゃんは今、メラノーマと悪性リンパ腫と一生懸命闘っています。皆で応援してあげて下さいね。

それから風花が食べきれずに残したフードをソレリュンヌさんを通じて保護団体さんにご寄付させて戴いたら、ソレリュンヌさんからとっても美味しいブドウが届きました。
なんだか却って気を使わせてしまって申し訳なく思いますが、でも、とっても甘くて美味しかったです。
もち、風花にもお供えさせて頂きました。ソレリュンヌさん、ありがとございました。<(_ _)>
↓本当は箱で届いたのに、あんまり美味しくてあっという間に食べてしまって写真を撮り忘れました。(^^ゞ
0916-ブドウ
ソレリュンヌさん家では、いつも保護っ子ちゃんを一時預かりされていて、素敵な里親さんに巡り合うまでのお世話をされています。
いつも可愛い元気な子がいますよ。良かったら覗いてみて応援してあげて下さいね。(^v^)

それと、中々アップ出来なかったんだけど先月さくらちゃんと凪君のママさんに会いに行って可愛いさくらちゃんと凪君に会ってきました。
さくらちゃん、一杯抱きしめさせてくれてキスもさせてくれて有難う~。
おばちゃん、久しぶりのラブの感触にとっても癒されました。(^v^)
甘えん坊の凪君も有難うね~。
2017-0902-さくらちゃん&凪君♪
さくらちゃんは12月で16歳です。風花が叶えられなかった夢をさくらちゃんには是非叶えてほしいです。(^v^)

そして一昨日(7日の土曜日)、わるっちママさんの所へお邪魔してベル君やわらび君に会ってきました。(ベル君はお写真だけでナデナデ出来ませんでしたが。)
部屋中にベル君のお写真が溢れていて、いかにママさんやパパさんがベル君を愛していらっしゃったのかが良く判りました。
ベル君には直接会えなかったけど可愛いわらび君には会えたので可愛いお写真を載せますね。(^v^)
2017-1007-わらび君

ママさんとのワンコ談義は尽きず、ついつい長居をしてしまいました。
次回、また風花に会いに来て下さるお約束をしてお別れしました。
わるっちママさん、本当に色々有難うございました。一杯お話しさせて頂いて心が少し軽くなりました。(^v^)

最後に、ちょっとピンボケだけれど風花の笑顔の写真を見て下さいね。
風花♪

長い文章を今日も最後まで読んで下さって有難うございます。
これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)> ってまだ見に来て下さる方、いらっしゃるかな?汗。
2017.10.09 Mon l 風花との日々 l コメント (28) l top
こんにちは。
本当は11日の月曜日が四十九日だったのですが仕事だったので10日の日曜日に風花のお骨と一緒に霊園に行って風花の四十九日法要をして頂きました。

Sさんやぷうちゃんママが一緒に行って下さいました。(ぷうちゃんの先代犬のとらちゃんが丁度この日に5周忌でしたので一緒に法要して頂きました。)

最初に事務所に寄りお願いしていた風花の石碑(SさんとSさんのお嬢さんが風花の為に作って下さいました。)を受け取りました。
まだ若い頃の風花で、ちょっと勝気そうなお顔をしていますが、とても可愛く出来ていて有難く嬉しかったです。
見て下さいね。(^v^)
風花-肖像画

その後の法要の様子です。
この日は法要に訪れた方が多くて風花やとらちゃんも含めて5組の方達と合同で法要をして頂きました。
四十九日法要

風花、無事にお空に帰れたかな?(この日は写真を撮り忘れたので12日の火曜日の写真ですが、当日もこの空のように秋の晴れた空でした。)
0912-空

四十九日に会わせて友人がとても綺麗なブリザードフラワーを風花に贈ってくれました。
そして、なんと11日の風花の四十九日に合わせて風花の病院の院長先生と看護主任さん(風花の最後を看取ってくださったお二人です。)から綺麗なお花が届きました。
お花-院長先生&主任さん

主任さんからは風花のお誕生日にも、ご丁寧なカードを頂きましたし、その時に「病院の方針としてお花を送る、やカードを送る、等はしない。」ってお聞きしていたので、とても驚くと同時に、すごく嬉しかったです。(カードを私に送るだけでも院長先生に「出しても良いか?」って聞いておられたぐらいですから。←院長先生から「出してあげて」って快諾して頂いたようです。)

カードには「風花の笑顔を忘れない」って主旨のメッセージが書かれていました。

病院からお花を頂けるなんて思ってもいなかったので有難くてすぐに電話でお礼を言いました。(院長先生は診察中だったので主任さんとお話ししました。)
その時に主任さんが風花が亡くなったあと、ご挨拶に伺った時にお菓子と一緒にお渡しした風花の写真を、ご自分のロッカーに貼ってくださっていて「毎日、風花ちゃんに会っていますよ。風ちゃんの事は忘れません。」って言って頂いて、またまた涙が止まりませんでした。
毎日沢山の患者さんを診ておられるなか、風花の事を「忘れない」で頂けて嬉しく有難かったです。

最近、風花がまだ若犬(2歳前後)の頃の日記を懐かしく読み返しています。
日記の中の風花は私に叱られながらも毎日お友達ワンコと楽しく遊びお友達ワンコのママさんやパパさんに可愛がって頂き、家に帰れば色々悪戯しつつ、生き生きと毎日をパワフルに楽しんでいました。

その時の写真を見てやって下さいね。「お転婆風花」「爆裂風花」「台風花(たいふうか)」等と呼ばれていた頃の風花です。
まず1枚目はちょっと吹き替えを入れて遊んでみました。(当時です。)←風花、まだ9ヶ月半の頃です。
02-0605(風花9ヶ月半)

次は風花1歳7ヶ月半のやんちゃ盛りの写真です。
ちなみに風花にべろべろ舐められて、ちょっと迷惑顔してるワンコが風花が最後に会ったワンコママさんの家のワンコで「ちびちゃん」です。(^v^)
03-0401(風花、1歳7ヶ月半)

もう1枚。桜の下での集合写真。(いつもはもっと沢山居るのですが(小さい子も大きい子も合わせて常時10頭以上居ました。)、この時は8頭だけでした。)←皆、先にお空に帰ってしまいました。今頃、お空の上で大運動会をしてるかも、です。(^^ゞ
03-0403(風花、1歳7ヶ月半)


ここからはちょっと暗い話になるかもです。そう言うの苦手って方はスルーして下さいね。<(_ _)>

あんな形でお別れとなって今でも悔しく苦しい思いはありますが、でも風花と暮らした15年と9ヶ月ちょっと(風花は生後2カ月で我が家の娘になりましたので。)は、私にとってかけがえのない楽しく幸せな時間でした。

それだけに風花が逝ってしまってから毎日毎日「なんで風花は死んでしまったのか?何か重大な事を見逃してしまって風花の命を縮めてしまったのじゃないか?」等々、自分を責めて悔しく苦しい毎日でした。

今年は3月に母(90歳)も見送りましたが、母の時は申し訳ないけれど、それほど涙は出ませんでした。
母は10年以上認知症と闘い徐々に徐々に記憶は薄れ体も不自由になり最後の2年近くはほぼ自分の意思では何も出来ない状態で生活するには全介助が必要でした。(介護は父と私で頑張りました。)
なので母の死は頑張って頑張って、もうこれ以上は可哀そうって思うほど頑張って生ききったって感じでしたので亡くなった時は、ただただ「お疲れ様。今まで有難う。ゆっくり休んで先に行ったお姉さん(叔母たちです。)達と積る話をしてね。」って送り出せました。

けれど風花は16歳間近とは言え、元気にお散歩に行って(直前のお散歩でも綺麗なウ○チ&オシッコも自分でして)、ボール遊びや玩具でも遊び(亡くなる前日も休憩しつつですが何度も私と玩具で遊びました。)、亡くなる前の2日程はちょっと食欲もなかったけれど、それまでは、なんとなく不調とは言え7割~8割くらいはご飯も食べていました。

もうすぐ16歳なんだから「死」が近付いているのは判っていましたが、それでも、その瞬間まで風花が死んでしまうなんて思いもよらず、愚かな私はまだまだ元気に16歳、そして17歳を迎えてくれるものと思い込んでいました。

「いよいよ歩けなくなったらカートでお散歩しよう」「お布団も床ずれしないように新調しよう。」「いざとなったら仕事も辞めよう」等々、色んな事を思って風花と過ごしていました。
けれど、風花はそのどれも私にさせることなくあっという間にお空へと帰って行ってしまいました。

若い頃から元気でタフだった風花はメラノーマの手術の後も前足に包帯をぐるぐる巻きにしつつ元気にお散歩に行き院長先生他、病院のスタッフさん達を驚かせていました。
なので呑気な私は、風花はまだまだ頑張ってくれる。なんたって風花はタフだもん。
お散歩だってまだ2時間だって歩ける。まだ生ききっていない!
「だから大丈夫、大丈夫!」って勝手に思い込んでいました。

勿論、風花が痛い苦しい思いをする事は私の1番望まない事ですが、でも、もっともっと風花と一緒に暮らしたかった、風花の介護をしたかった…。
そんな思いが頭を離れず眠れない毎日が続いています。

でも、考えたら悪性で質の悪いメラノーマを発症して2年、風花は頑張って元気で居てくれたのです。
神様は突然風花を私から奪った訳ではなく2年もの時間を私と風花にプレゼントして下さったのです。
それに気付かずのほほんと毎日を送り、大切な風花との時間を無為に過ごしてしまいました。

「3年したら仕事、辞めるからね。そしたらずっと風ちゃんの側にいるよ。だから3年頑張ってね!」って風花に約束したのに…。
約束の3年を過ぎても私は仕事を続けてしまいました。
風花はちゃんと約束を守って3年間頑張ってくれたのに!です。
「風花の為にお金が必要だった」なんて言い訳です。私は約束を破ってしまいました。
そのことを今でも風花に謝り続ける毎日です。

でも、今、仕事があるお陰で私は随分救われています。
仕事がなければ1日中、家に籠り頭がおかしくなっていたかもしれません。
そう思うと風花は本当に親孝行な子だったのだと思えます。

風花が居たから毎日頑張れました。今は毎日腑抜けのような状態です。
でも風花は居なくなってしまいましたが風花がくれた幸せな幸せな時間の記憶は決して色あせることなく私の心から消えません。
風花との時間は永遠に私の大切な宝物です。

風花に謝り続けると同時に、風花に「一杯ごめんね。だけど風花と暮らせてお母さんは最高に幸せだったよ。楽しい時間を有難う!お母さんの娘になってくれて有難う!」って最近ようやく風花に言えるようになりました。

風花が亡くなった時には沢山の方にお花を頂き、メールや電話で慰めて頂き、ランチや買い物に私を誘って休日は家にこもりがちな私を連れ出してくれて沢山の方に支えて頂きました。
本当に有難く心から感謝の気持ちで一杯です。

友人やワンコ友達のママさんやパパさん、そしてブログで知り合った方達に愛して頂いて可愛がって頂いて、風花は本当に「幸せワンコ」だったんだって改めて思っています。
そう思う事で心が癒され、ほんの少しだけ前へ進めそうです。本当に有難うございました。

四十九日を終えて、風花にお花を下さった方達に心ばかりのお礼の品をお渡ししてきました。
ネットでお知り合いになれてお花を頂いた方達にもほんの気持ちばかりのお品を送らせて頂きました。
本日(水曜日)発送ですので早ければ明日(木曜日)か明後日(金曜日)に届くと思います。
もしも、もしも届かなかった場合、どうぞ遠慮なくお知らせ下さいね。宜しくお願いいたします。

追伸
色々迷った挙句、変な取り合わせになってしまいました。
風花と私からの気持ちですので、ご笑納いただければ嬉しいです。m(__)m
2017.09.14 Thu l 風花との日々 l コメント (20) l top