こんにちは。
本当は11日の月曜日が四十九日だったのですが仕事だったので10日の日曜日に風花のお骨と一緒に霊園に行って風花の四十九日法要をして頂きました。

Sさんやぷうちゃんママが一緒に行って下さいました。(ぷうちゃんの先代犬のとらちゃんが丁度この日に5周忌でしたので一緒に法要して頂きました。)

最初に事務所に寄りお願いしていた風花の石碑(SさんとSさんのお嬢さんが風花の為に作って下さいました。)を受け取りました。
まだ若い頃の風花で、ちょっと勝気そうなお顔をしていますが、とても可愛く出来ていて有難く嬉しかったです。
見て下さいね。(^v^)
風花-肖像画

その後の法要の様子です。
この日は法要に訪れた方が多くて風花やとらちゃんも含めて5組の方達と合同で法要をして頂きました。
四十九日法要

風花、無事にお空に帰れたかな?(この日は写真を撮り忘れたので12日の火曜日の写真ですが、当日もこの空のように秋の晴れた空でした。)
0912-空

四十九日に会わせて友人がとても綺麗なブリザードフラワーを風花に贈ってくれました。
そして、なんと11日の風花の四十九日に合わせて風花の病院の院長先生と看護主任さん(風花の最後を看取ってくださったお二人です。)から綺麗なお花が届きました。
お花-院長先生&主任さん

主任さんからは風花のお誕生日にも、ご丁寧なカードを頂きましたし、その時に「病院の方針としてお花を送る、やカードを送る、等はしない。」ってお聞きしていたので、とても驚くと同時に、すごく嬉しかったです。(カードを私に送るだけでも院長先生に「出しても良いか?」って聞いておられたぐらいですから。←院長先生から「出してあげて」って快諾して頂いたようです。)

カードには「風花の笑顔を忘れない」って主旨のメッセージが書かれていました。

病院からお花を頂けるなんて思ってもいなかったので有難くてすぐに電話でお礼を言いました。(院長先生は診察中だったので主任さんとお話ししました。)
その時に主任さんが風花が亡くなったあと、ご挨拶に伺った時にお菓子と一緒にお渡しした風花の写真を、ご自分のロッカーに貼ってくださっていて「毎日、風花ちゃんに会っていますよ。風ちゃんの事は忘れません。」って言って頂いて、またまた涙が止まりませんでした。
毎日沢山の患者さんを診ておられるなか、風花の事を「忘れない」で頂けて嬉しく有難かったです。

最近、風花がまだ若犬(2歳前後)の頃の日記を懐かしく読み返しています。
日記の中の風花は私に叱られながらも毎日お友達ワンコと楽しく遊びお友達ワンコのママさんやパパさんに可愛がって頂き、家に帰れば色々悪戯しつつ、生き生きと毎日をパワフルに楽しんでいました。

その時の写真を見てやって下さいね。「お転婆風花」「爆裂風花」「台風花(たいふうか)」等と呼ばれていた頃の風花です。
まず1枚目はちょっと吹き替えを入れて遊んでみました。(当時です。)←風花、まだ9ヶ月半の頃です。
02-0605(風花9ヶ月半)

次は風花1歳7ヶ月半のやんちゃ盛りの写真です。
ちなみに風花にべろべろ舐められて、ちょっと迷惑顔してるワンコが風花が最後に会ったワンコママさんの家のワンコで「ちびちゃん」です。(^v^)
03-0401(風花、1歳7ヶ月半)

もう1枚。桜の下での集合写真。(いつもはもっと沢山居るのですが(小さい子も大きい子も合わせて常時10頭以上居ました。)、この時は8頭だけでした。)←皆、先にお空に帰ってしまいました。今頃、お空の上で大運動会をしてるかも、です。(^^ゞ
03-0403(風花、1歳7ヶ月半)


ここからはちょっと暗い話になるかもです。そう言うの苦手って方はスルーして下さいね。<(_ _)>

あんな形でお別れとなって今でも悔しく苦しい思いはありますが、でも風花と暮らした15年と9ヶ月ちょっと(風花は生後2カ月で我が家の娘になりましたので。)は、私にとってかけがえのない楽しく幸せな時間でした。

それだけに風花が逝ってしまってから毎日毎日「なんで風花は死んでしまったのか?何か重大な事を見逃してしまって風花の命を縮めてしまったのじゃないか?」等々、自分を責めて悔しく苦しい毎日でした。

今年は3月に母(90歳)も見送りましたが、母の時は申し訳ないけれど、それほど涙は出ませんでした。
母は10年以上認知症と闘い徐々に徐々に記憶は薄れ体も不自由になり最後の2年近くはほぼ自分の意思では何も出来ない状態で生活するには全介助が必要でした。(介護は父と私で頑張りました。)
なので母の死は頑張って頑張って、もうこれ以上は可哀そうって思うほど頑張って生ききったって感じでしたので亡くなった時は、ただただ「お疲れ様。今まで有難う。ゆっくり休んで先に行ったお姉さん(叔母たちです。)達と積る話をしてね。」って送り出せました。

けれど風花は16歳間近とは言え、元気にお散歩に行って(直前のお散歩でも綺麗なウ○チ&オシッコも自分でして)、ボール遊びや玩具でも遊び(亡くなる前日も休憩しつつですが何度も私と玩具で遊びました。)、亡くなる前の2日程はちょっと食欲もなかったけれど、それまでは、なんとなく不調とは言え7割~8割くらいはご飯も食べていました。

もうすぐ16歳なんだから「死」が近付いているのは判っていましたが、それでも、その瞬間まで風花が死んでしまうなんて思いもよらず、愚かな私はまだまだ元気に16歳、そして17歳を迎えてくれるものと思い込んでいました。

「いよいよ歩けなくなったらカートでお散歩しよう」「お布団も床ずれしないように新調しよう。」「いざとなったら仕事も辞めよう」等々、色んな事を思って風花と過ごしていました。
けれど、風花はそのどれも私にさせることなくあっという間にお空へと帰って行ってしまいました。

若い頃から元気でタフだった風花はメラノーマの手術の後も前足に包帯をぐるぐる巻きにしつつ元気にお散歩に行き院長先生他、病院のスタッフさん達を驚かせていました。
なので呑気な私は、風花はまだまだ頑張ってくれる。なんたって風花はタフだもん。
お散歩だってまだ2時間だって歩ける。まだ生ききっていない!
「だから大丈夫、大丈夫!」って勝手に思い込んでいました。

勿論、風花が痛い苦しい思いをする事は私の1番望まない事ですが、でも、もっともっと風花と一緒に暮らしたかった、風花の介護をしたかった…。
そんな思いが頭を離れず眠れない毎日が続いています。

でも、考えたら悪性で質の悪いメラノーマを発症して2年、風花は頑張って元気で居てくれたのです。
神様は突然風花を私から奪った訳ではなく2年もの時間を私と風花にプレゼントして下さったのです。
それに気付かずのほほんと毎日を送り、大切な風花との時間を無為に過ごしてしまいました。

「3年したら仕事、辞めるからね。そしたらずっと風ちゃんの側にいるよ。だから3年頑張ってね!」って風花に約束したのに…。
約束の3年を過ぎても私は仕事を続けてしまいました。
風花はちゃんと約束を守って3年間頑張ってくれたのに!です。
「風花の為にお金が必要だった」なんて言い訳です。私は約束を破ってしまいました。
そのことを今でも風花に謝り続ける毎日です。

でも、今、仕事があるお陰で私は随分救われています。
仕事がなければ1日中、家に籠り頭がおかしくなっていたかもしれません。
そう思うと風花は本当に親孝行な子だったのだと思えます。

風花が居たから毎日頑張れました。今は毎日腑抜けのような状態です。
でも風花は居なくなってしまいましたが風花がくれた幸せな幸せな時間の記憶は決して色あせることなく私の心から消えません。
風花との時間は永遠に私の大切な宝物です。

風花に謝り続けると同時に、風花に「一杯ごめんね。だけど風花と暮らせてお母さんは最高に幸せだったよ。楽しい時間を有難う!お母さんの娘になってくれて有難う!」って最近ようやく風花に言えるようになりました。

風花が亡くなった時には沢山の方にお花を頂き、メールや電話で慰めて頂き、ランチや買い物に私を誘って休日は家にこもりがちな私を連れ出してくれて沢山の方に支えて頂きました。
本当に有難く心から感謝の気持ちで一杯です。

友人やワンコ友達のママさんやパパさん、そしてブログで知り合った方達に愛して頂いて可愛がって頂いて、風花は本当に「幸せワンコ」だったんだって改めて思っています。
そう思う事で心が癒され、ほんの少しだけ前へ進めそうです。本当に有難うございました。

四十九日を終えて、風花にお花を下さった方達に心ばかりのお礼の品をお渡ししてきました。
ネットでお知り合いになれてお花を頂いた方達にもほんの気持ちばかりのお品を送らせて頂きました。
本日(水曜日)発送ですので早ければ明日(木曜日)か明後日(金曜日)に届くと思います。
もしも、もしも届かなかった場合、どうぞ遠慮なくお知らせ下さいね。宜しくお願いいたします。

追伸
色々迷った挙句、変な取り合わせになってしまいました。
風花と私からの気持ちですので、ご笑納いただければ嬉しいです。m(__)m
スポンサーサイト
2017.09.14 Thu l 風花との日々 l コメント (20) l top

コメント

No title
ママさんこんにちは。
四十九日の法要を無事に終えられ、少し気持ちも落ち着かれましたか?
まだまだ、悲しみは癒えないことと思いますが、風花ちゃんの若いころを思いだしたり、一緒に過ごしてきた日々を振り返ることで、ママさんの心の中が、ほんわり暖かくなることを願っています。

若いころの風花ちゃんのお顔、いかにもやんちゃそうです。
たくさんの武勇伝があることでしょうね。
また、色々教えてくださいね。
2017.09.14 Thu l さくら&凪ママ. URL l 編集
No title
ママさんこんばんは。
今日はご丁寧にありがとうございました。
風花ちゃんのお顔を見て2人でしんみりしました。

四十九日、お空へ還す日ですね…。
帰る、還さなければならないんだものね。
この地上で風花ちゃんは立派に役目を果たしてくれました。。
胸を張って帰って行ったね…。

若々しく凛々しい風花ちゃんの石碑ですね。
お転婆風花ちゃんが蘇えりましたね。
やんちゃな風花ちゃんとお友達。
みんな仲良しなのが良く分かります。
風花ちゃんは確かにここに存在して多くの方々の心に刻まれています。
みんな可愛いな~。
虹の橋で再会を果たし、久しぶりに集合写真撮っているかな…。

16歳。
人間にたとえれば・・・
そりゃあ超高齢なのは分かるけど、でもやっぱり私達人間の感覚でしか感じられなくて・・・ね・・・。
神様からの2年間という最高のプレゼントはかけがえのない贈りものです。


私とママさんは真逆でした。
私は、ベルの病気や他にも理由が重なり仕事を退職しました。
(実家のワンコが亡くなった時は仕事で随分気持ちが救われました。)
ママさんが想像した通り、頭がおかしくなり、酷いペットロスに。
いつ死んでも良い…死にたい…毎日泣き叫び引きこもりの生活でした。
仕事を辞め、社会から必要のない人間になった様な気持ちで退職した事を悔いました。
出口の見えない真っ暗なトンネルから抜け出せず。
それでも歩き、やっと折り返し地点に辿り着きました。
その時やっと仕事を辞めベルと過ごせた2年間が大切な宝物になりました。
仕事を辞めて良かったんだ!と思えるようになりました。
ママさんとは全く反対ですね。
改めて、最期をどう過ごすのか…看取り…等、答えなんて無いですね。
自分が決めた事が正解なんですよね。
幸せは自分が決めるんですね!
ジニーの里親になれたのも今の環境があっての事だもの。
風花ちゃんもベルも、飼い主を知り付くし幸せへと導いてくれていましたね!

ごめんなさい 長々と訳のわからない事ばかり書いてしまいました。

これからも風花ちゃんの武勇伝聞かせて下さいね!

お心遣い、本当にありがとうございました。


2017.09.14 Thu l ベルジニーママ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.14 Thu l . l 編集
No title
さくら&凪ママさん、こんばんは。

風花の月命日には綺麗なお花を送って下さって本当に有難うございました。
お花を見る度に心が暖かくなり癒されていました。
本当に有難うございました。<(_ _)>

風花の若い頃は本当にお転婆で爆裂で、先代犬の紀州犬と大違いで、ただただアタフタと子育て(ワンコ育て)に追われていました。
今思えば、毎日が楽しく風花との幸せな幸せな時間でした。
その記憶を心に少しずつですが前に進んで行けたら良いなって思っています。

風花の武勇伝、本当に山ほどあります。
またここでお話しさせて下さいね。

今日も長い長い文章を読んで下さってコメントも書いて下さって有難うございます。
風花は居なくなってしまいましたが、これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.15 Fri l ラブ母. URL l 編集
No title
ベルジニーママさん、こんばんは。

風花が亡くなった時には綺麗なお花を送って下さって本当に有難うございました。
お花を見る度に心が暖かくなり癒されていました。
本当に有難うございました。<(_ _)>

はい、皆本当に仲良しで誰もケンカもせず、いつも楽しそうに一緒に遊んでいました。
男の子は特に女の子に優しくてお転婆風花は皆に優しくしてもらって毎日ご機嫌さんでした。

きっと今頃は向こうの世界で再会して皆でまた楽しく駆け回っていると思います。
そう思うと風花の事は心配いらないのですが、残された私達は日を追うごとに寂しさが募ります。
でも、こればかりはどうしようもないのですよね。
だって自分の命よりも大事だって思っていた子に先立たれたんだもん。
今はただただ時間が穏やかに過ぎて行ってくれるのを待つしかありません。

ママさんは仕事を辞められたんですね。
私も先代犬(小雪)の時は仕事を一旦辞めました。
あの時はまだまだ私も若く風花父もしっかりと働いてくれていたので小雪の介護に専念出来ました。
でも、今は風花父も仕事を退職し細々と年金+アルバイトの生活なので、中々仕事を辞める勇気が出ませんでした。
本当にいい訳ですが、辞めてしまえば風花のサプリ代等にたちまち困る事は目に見えていましたので。

ママさん、辛い辛い時間のその先にようやく光が見えてベル君と過ごした2年間が大切な宝物の時間になったんですね。
そして可愛いジニ―ちゃんとの出会いがあり、今のママさんが居るのですね。

本当に介護や看取りは「これが正解!」なんてないですものね。
それぞれがそれぞれに愛するワンコの為にその時の最善と思える事をするしかないのだと思います。

何をしても、しなくても、愛すればこそ、きっと後悔は残ると思いますが、愛し愛された記憶が消える事は絶対にありません。

お互いに取った行動は真逆でも幸せな幸せな宝物の時間をもらいましたね。
毛深い子達に感謝です。(^v^)

風花の武勇伝、まだまだ山ほどあります。
またここでお話しさせて下さいね。

今日も長い長い文章を読んで下さってコメントも書いて下さって有難うございます。
風花は居なくなってしまいましたが、これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.15 Fri l ラブ母. URL l 編集
No title
鍵コメさん、こんばんは。

優しい言葉を有難うございます。
鍵コメさんの言葉に思わずウルウルとしてしまいました。
まだまだ時間はかかるかもしれませんが、少しずつ少しずつでもこの悲しみが薄れていってくれるのを静かに待ちたいと思います。

長い長い文章を読んでくださって優しいコメントを書いて下さって本当に有難うございました。
これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.15 Fri l ラブ母. URL l 編集
No title
こんにちは!
風花ちゃんとママさんは 本当にお友だちが多いのですね。
それはきっとママさんと風花ちゃんの人徳&犬徳ですね!
仕事やお友だち、何かやることがあると
落ちこまずに済むし 何よりも 亡くなったわんこにはずかしくないように生きないと!と思う気持ちが
しっかりさせてくれますね。

私はことちゃんがいるころからずっと仕事で悩んでいて…
ことちゃんのまっすぐな瞳が支えでした。
仕事上の悩みがピークの時と ことちゃんの体調が悪化したのが同時期で…
心身とも余裕がなく、ことちゃんに悪かったと
今でも後悔しています。

ことちゃんが亡くなってから 仕事はやめました。
社会から必要とされなくなった気がして落ちこんだという
↑の方のお気持ち、大きくうなずきました(^^;

BIGくんが来て、介助犬協会のボランティアもして
お金にはなりませんが やることがあって
お互いに笑顔になれる、それでいいかな(^^; 
何より、イヤな気持ちで仕事を続けるより
絶対いいと思っています。

とは言え 先立つものはやはり必要ですね(^^;
何か見つかるよう 頑張ります(^^;
なんか愚痴っぽくてすみません(^^;
2017.09.15 Fri l ことはは. URL l 編集
No title
いつもコメントありがとうございます。
もう四十九日、まだ四十九日・・・
いろいろな想いが後から後から出てくることかと思います・・・

お空に還された主さん達はみな同じ思いを持っているのだと思います。

風花ちゃん、突然の旅立ちで私も嘘でしょ?
って声に出てしまいました。
ママさんの気持ちを思うと言葉になりませんでした。
でもずっと笑顔の風花ちゃんのまま、
永遠に笑顔の風花ちゃんのまま旅立ちを決めたんだなって。
辛い顔、苦しい顔は見せたくなかったのではないでしょうか。

ずっとずっとこれからも風花ちゃんは心の中に居ます。
私もいまだにマリンは近くに居るんじゃないかと思ってます(笑)

たくさんの楽しい思い出を遺していってくれたのだから残された家族は楽しく元気に過ごさなくては!
といつも心の中で思い過ごしています。

アンジュは黒い仔ちゃんだけど
風花ちゃんのようにニコニコ笑顔の仔ですよ(^^)
是非見にきてやって下さいね(*^_^*)
2017.09.15 Fri l tomo. URL l 編集
No title
風ちゃんママ、こんばんは。
私共にまでお心遣いいただきまして恐縮いたします。

お仕事の件・・共感いたします。私も仕事優先でしたから。。
でもね・・うちの子になった以上、私がしたいこと(仕事)をしてその生活の中に愛するものはいてほしいって思っていました。(ワンズ父とはいつも喧嘩でしたが)それで私は幸せでしたがクレア達はどうだったかわかりませんが・・

犬生は本当に短いです。どれだけ生きたではなく、どのように生きたかだと思います。周りに愛され、人に笑顔と癒しをもたらした風花ちゃんは立派に旅立ちました。。

風花ちゃんと出会えて私達も幸せでした。ありがとうございました。

2017.09.15 Fri l クレアママ. URL l 編集
No title
ことははさん、こんばんは。

「仕事やお友だち、何かやることがあると落ちこまずに済むし 何よりも 亡くなったわんこにはずかしくないように生きないと!と思う気持ちが、しっかりさせてくれますね。」
確かに仕事をしているとシャンとしなくっちゃって思ってなんとか心のバランスを保てる気はします。
その分、家に帰ればあちこちから風花が顔を出し、風花を思ってまだまだめそめそしてますが。(^^ゞ

「ことちゃんのまっすぐな瞳が支えでした。
仕事上の悩みがピークの時と、ことちゃんの体調が悪化したのが同時期で…、心身とも余裕がなく、ことちゃんに悪かったと今でも後悔しています。」
ことちゃんのまっすぐな瞳に癒されてたのですね。
私も風花が見つめてくれて、とてもとても嬉しくて癒されていました。
その瞳をもう見れないのが寂しくて辛いです。

ことははさんはお仕事で悩まれて居る時とことちゃんの体調が悪くなった時と一緒になってしまったんですね。
辛かったですね。
でも、私がこんな事言うのも変ですが、ことちゃんはきっと判ってくれてますよ。
私も後悔してますが、でも、思うのです。
ことちゃんも風花も、きっと私達が後悔の涙を流す事を喜んでいないって。
あの子達はいつも真っ直ぐで天使のようで。
なので私達が笑っている事を望んでくれてる気がします。
そう思う事で少しずつでも前に進めたら、ことやんも風花も喜んでくれるんじゃないかなって思います。(^v^)

ことははさん、BIG君を迎えて本当に良かったですね。
私も今、何かワンコにお返し出来るようなボランティアはないかなって探しています。
本当は明日、引退した子を支援する募金活動に参加させて頂くつもりだったのですが、台風で中止になってしまいました。残念です。

「なんか愚痴っぽくてすみません(^^;」
言え、言え、愚痴、大歓迎です!
何処かで吐き出さないと溜めても良い事ありませんから。
うちのブログで良ければいつでも愚痴って下さいね。(^v^)

今日も長い長い文章を読んで下さってコメントも書いて下さって有難うございます。
風花は居なくなってしまいましたが、これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.16 Sat l ラブ母. URL l 編集
No title
tomoさん、こんばんは。

「お空に還された主さん達はみな同じ思いを持っているのだと思います。」
そうですよね。
私も16年前に1度経験してるし、きっと皆さんが通った道なんだなって思いながら今は静かに時が過ぎていってくれるのを待ちたいと思います。

ただ、風花の場合はあまりにも突然だったので本当に心の準備がなにも出来ていなくて…。(どんなお別れでも心の準備なんか出来ないのかもしれませんが。)
なので後悔ばかりがあとからあとから押し寄せてきて、風花に謝る事ばかりです。
でも、きっと風花は私がめそめそ泣いて謝る事よりも前を向いて歩いて行く事を喜んでくれるんじゃないかなって、最近ようやく少しだけ思えるようになりました。
何より、いつも笑顔で居てくれた風花に感謝しつつ私も頑張らなくっちゃって思います。(^^ゞ

「たくさんの楽しい思い出を遺していってくれたのだから残された家族は楽しく元気に過ごさなくては!といつも心の中で思い過ごしています。」
本当にそうですね。
一緒に頑張りましょうね~。(^v^)

いつも思っていたのですが、アンちゃんの笑顔って風花に似ています。(ブログのtomoさんの返信コメントにtomoさんも同じ事を思って下さっていたんだ!って思って凄く嬉しかったです。(^v^)
なので、いつもアンちゃんの笑顔を見ながら癒されていました。
是非是非、会いに行かせて下さい~~~。
私、JRです。何処でも行きます!(^v^)

長い長い文章を読んでくださって優しいコメントを書いて下さって本当に有難うございました。
これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.16 Sat l ラブ母. URL l 編集
No title
クレアママさん、こんばんは。

風花が亡くなった時にはご夫婦でj駆けつけて下さって風花に綺麗なお花を頂き本当に有難うございました。
クレアママさんのお顔を見た途端涙が出そうになってしまいました。
そして、お花を見る度に心が暖かくなり癒されていました。
本当に有難うございました。<(_ _)>

仕事をしながらって若い時はそれほど思わないですが、やはり歳を重ねて色々不自由になってくると、やはり悩みました。
でも、本当に仕事を続ければこそ、風花に思うような治療やサプリも買ってやれるし旅行にも連れて行ってやれました。

まだまだ一緒に居れるって思っていたのに、あまりに突然居なくなってしまい、それだけに後悔の気持ちは消えませんが、でも、最近ようやく私がめそめそ泣きながら風花に謝るよりも前を向いてしっかり歩いて行く事を風花は望んでいる気がしています。

何より、いつも笑顔を私を支えてくれた風花に感謝の気持ちと共に、いつか再会出来た時に「お母さんも頑張ったよ!」って風花に胸を張って言えるように頑張りたいと思います。(^v^)

「犬生は本当に短いです。どれだけ生きたではなく、どのように生きたかだと思います。周りに愛され、人に笑顔と癒しをもたらした風花ちゃんは立派に旅立ちました。」
「風花ちゃんと出会えて私達も幸せでした。ありがとうございました。」
有難うございます。
そう言って頂けると本当に嬉しく私まで心癒されます。
こちらこそ、風花を可愛がって下さって本当に有難うございました。<(_ _)>

今日も長い長い文章を読んで下さってコメントも書いて下さって有難うございます。
風花は居なくなってしまいましたが、これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.16 Sat l ラブ母. URL l 編集
No title
もう四十九日ですか・・・
早いですね。
BLOGを見ていると いつも風花ちゃんに会えるので、お空へ行った実感が無くて。

石碑、素敵。
可愛いですね。
写真も良いけど そっくりなイラストも 嬉しいですね。

リュウがいなくなって、私は 後悔ばかりです。
違う治療方法をとっていれば もう少し長く生きる事ができたのでは?と思いで、悔しさだけが募ります。
ワンコって すべてが飼い主の決断に委ねられているので、それを誤ってしまった自分が許せなくて・・
当時は 「できる限りの事を」と思いながら看病してたけど、もっともっと出来る事があったのでは?と
思い、悔しさだけが増してます。
「その思いを ガジーと夢に生かせば」と言われますが、
そーじゃない!リュウを もっと生かせておきたかったんです。
と、まだまだ 後悔の日々が続いてます。
2017.09.16 Sat l りゅうママ. URL l 編集
No title
四十九日法要の事、気づかなくてごめんなさい。。。。

メラノーマからリンパ腫になったぐーばあさん。
抗がん剤や放射線治療はやらない!って決めたのに今になって果たしてそれで良かったのか。。。って思う時があります。
痛い、つらいと言えないからこっちで判断してあげなければいけないのですがすべて分かってあげる事なんてむずかしいと思います。
だから自分を責めないでください。

本当にアガリクスのサプリをいただいたり、お世話になりありがとうございました。
2017.09.16 Sat l m&goo. URL l 編集
No title
りゅうママさん、こんばんは。

本当にアッと言う間のような四十九日でした。
今でも「なんでココに風花が居ないの?」って叫びたくなったりします。
主が居なくなってしまって写真の更新も出来ないので、せめて皆さんの知らない若いやんちゃだった頃の風花を見て頂こう!なんて思って昔の写真を引っ張り出している私です。
なんか風花の写真がないと寂しくて…。未練ですね。

「リュウがいなくなって、私は 後悔ばかりです。」
同じですよ。
なんとか前に進みたくて(きっと風花もそれを望んでる気がして)、でも、本当はあの日から1歩も前に進めず、それどころか思いっきり後ろ向きになってしまっている私が居ます。

「なんで、なんで、なんで!」って後悔ばかりですよ。
風花の居ない事が受け入れられず本当はまだまだ駄目駄目な情けない私です。

「そーじゃない!リュウを もっと生かせておきたかったんです。」
判ります。
リュウ君じゃなきゃ駄目だよね。

でも、一生懸命に生きて私達の側に居て支えてくだれたリュウ君や風花に後悔してばかりでは申し訳ない気がして、なんとか踏ん張って前に向かなきゃって自分を叱咤激励しています。
リュウママさん、一緒に頑張ろうね!

今日も長い長い文章を読んで下さってコメントも書いて下さって有難うございます。
風花は居なくなってしまいましたが、これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.16 Sat l ラブ母. URL l 編集
No title
m&gooさん、こんばんは。

四十九日の事は気になさらないでね。
ぐーちゃんの事で大変なんだもの。
当たり前ですよ。だから本当に気にしないでくださいね。

一つの命を預かるって本当に覚悟がいりますね。
何か有った時は全責任を全て負わなければなりませんから…。
それだけに、今、一生懸命側に居て生きていてくれる事が嬉しいですね。

どんな治療を選ぶにしてもママさんの判断は間違ってないですよ。
世界で一番ぐーちゃんを愛しているママさんがぐーちゃんの事を一生懸命考えて出した答えなんですから。

私もね、こんな偉そうな事を書いてますが実はまだまだ後悔と未練と悔しさの嵐の真っただ中にいます。
まだまだ嵐は過ぎ去ってはくれそうにありません。
でも、いつも笑顔で一生懸命生きてくれた風花に後悔ばかりでは申し訳なくて、なんとかこの嵐を乗り切りたいなって頑張っています。

ぐーちゃんとママさんを応援していますよ。
辛くなったらいつでもまた愚痴を吐き出しに来てね。
溜めると体に良くないからね。
ファイト!です。(^v^)

今日も長い長い文章を読んで下さってコメントも書いて下さって有難うございます。
風花は居なくなってしまいましたが、これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.17 Sun l ラブ母. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.17 Sun l . l 編集
No title
鍵コメさん、こんばんは。

ご心配を頂き有難うございます。<(_ _)>
まだ全然眠れていません。
睡眠負債、積み立ててます。苦笑。

まだ風花と二人で寝ていた寝室では眠れず、先代犬の小雪と風花のお骨が並んだリビングで寝ています。(なんか一緒に居てくれるような気がして。)

そうですね。
別れは必然ですね。
私はそれを意識しないで漫然と過ごしてしまった馬鹿たれです。
でも、前を向かないとね、風花が悲しみますね…。
頑張ります。

今日も長い長い文章を読んで下さってコメントも書いて下さって有難うございます。
風花は居なくなってしまいましたが、これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.09.17 Sun l ラブ母. URL l 編集
No title
はじめまして
コメント、ありがとうございました!
四十九日たっても、百箇日たっても、、、この寂しさがなくなる事はなくて、毎日後悔ばかりです。
愛しさばかりが溢れ出してきて、もっともっと一緒にいたかったという想いばかりです。でも、
ラブ母さんと同じで、泣いてばかりいてはシャロンに申し訳ない気持ちもあって、共に過ごすことのできた時間を大切にしていきたいと思っています。
風花ちゃんのことも、ブログを遡って拝見させていただきました。
風花ちゃんの笑顔が、どれだけ幸せなのか物語っているように感じました。
それだけに、ラブ母さんの悲しみ・辛さは計り知れないものだと思います。
でも、少しずつでも笑顔を取り戻せるように
お互い頑張って前をむいていけるように頑張りましょうね!
2017.09.27 Wed l シェリルまま. URL l 編集
No title
シェリルままさん、こんばんは。

ここ数日気持ちの落ち込みが酷く、お返事が大変遅くなってしまってすみません。<(_ _)>

「四十九日たっても、百箇日たっても、、、この寂しさがなくなる事はなくて、毎日後悔ばかりです。
愛しさばかりが溢れ出してきて、もっともっと一緒にいたかったという想いばかりです。」
ですよね。
何日たっても、きっと何年たっても寂しさは募るばかりだし後悔の気持ちが増すばかりの気がします。
何度謝っても、泣き叫んでも、風花は帰ってきてはくれませんから…。

今は月日がたてばたつほど余計に悲しみや悔しさ、後悔の気持ちが溢れて、自分自身、前に進まなきゃって思うのに心が付いてきてくれず戸惑い途方にくれています。
↑ 情けないですね。風花に笑われそうです。(/_;)

ブログを遡って読んで下さって有難うございます。
本当に風花が幸せだったなら嬉しいし良いのですが。
なんだか最後までお留守番ばかりさせてしまって…。

「少しずつでも笑顔を取り戻せるように
お互い頑張って前をむいていけるように頑張りましょうね!」
そうですね。
お互いに先にいった子達を悲しませない為にも前を向いて進めるように頑張りましょうね。

こんな拙いブログに来て下さってコメントまで書いて下さって有難うございました。
これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.10.01 Sun l ラブ母. URL l 編集

コメントの投稿