こんにちは。

父(94歳)が体調を崩したり、私自身も久しぶりに風邪をひいてしまったりして(風花を見送って気が緩んだのかもしれません。(^^ゞ)中々ブログの更新が出来ませんでしたが、皆様、お変わりないでしょうか?
我が家は32年ぶりのワンコの居ない、ちょっと寂しい秋を過ごしています。

さて、10月13日は風花が我が家の娘になってくれた養女記念日でした。
16年前、風花は先代犬を亡くし悲しみのどん底にいた我が家に次女として来てくれました。
風花を迎えておきながら先代犬への思いも強く、まだまだ涙涙だった私を幼いながらも支えてくれた風花。

溢れるパワーと仔犬特有の「わからんちん」ながら、何か私の悲しみを察して私が泣いていると、小さな体で私によじ登り、私の頬を伝う涙を小さな暖かい舌で一生懸命舐めてくれました。
その暖かい舌にどれほど癒され慰められたことか。
思えば風花は我が家に来た時からずっとずっと私を励まし支えてくれました。

我が家に来た頃の幼い風花です。
1015-パピー風花
1015-パピー風花02
1015-パピー風花-ボール00
1015-パピー風花04
1015-寝んね

そんな風花に私は何の恩返しもしないまま、あの日、風花は私の手の中からあっという間に旅だってしまいました。
風花は「笑って」っ言うけれど、笑ってあげたいけれど、情けないことに、まだまだ風花の死を頭では判っているのですが、心が受け入れられずにいました。
だって風花は私の全てだったのですから。

あの日、何故風花は死ななければならなかったのか?
今さら言っても仕方のない事だけど、風花の命の灯が私の目の前で、どんどんどんどん小さくなって消えていくのを、どうすることも出来ず、ただただ見守る事しか出来なかったあの日の事が悔しくて悔しくて悔しくて…。毎日眠れない日を過ごしていました。

そんな時、夢を見ました。なんと5日続けてです。

実は10月半ば頃、あんまり寒いので寝るときに羽毛布団の間に去年風花に買ってあげてずっと風花が使っていた毛布を間に挟んで寝てました。
この毛布、結構大きくて私の肩から足先まであります。
おまけにとっても暖かいのです。

昨年、風花に「なりきりスヌーピーの洋服」に、この毛布をかけてあげたら毎年冬は私の布団に潜り込んで来て一緒に寝てたのに来てくれなくなり、寂しかったのですが、これだけ暖かいと来る必要はないかも。←風花は甘えただけれども結構クールでもありました。

スヌーピー洋服を着た風花と毛布をかぶった風花です。
2016-11見返り風花&寝んね風花
2016-11スヌーピー&寝んね風花

話が長くなりましたが、この毛布を着て寝たら、なんだか懐かしい感じがして、暖かくて、まるで風花にすっぽりと包まれているような気がして、とても幸せな気持ちで眠れます。(今でもこの毛布を1番始めにかけて、その上に毛布や掛け布団をかけて寝ています。)

こんな感じだったので、1日目の幸せな夢を見られたのかもしれません。
1日目の夢は(夢なのでハチャメチャなのですが。)、

何故か我が家に黒くてもじゃもじゃの仔犬が来ていて、その子を白い子(我が家の子なのは間違いないのですが、その子が風花なのか先代犬の小雪なのかは判りませんでした。)が一生懸命にお世話をしてくれています。
仔犬を連れてきたのは、とても感じの良いご夫婦だったのですが、何故かそのご夫婦が何処かへ行ってしまいます。(夢なので本当に設定がめちゃくちゃです。汗。)

私は仔犬は可愛いものの、夢の中でも結構冷静で「わぁ~、どうしよう。まだ仔犬って事はあと15年は生きてくれるよね。私達に最後までお世話出来るだろうか?」ってちょっと不安になっていました。
でも、仔犬は可愛いし、白い我が家の子は愛しそうに甲斐甲斐しくお世話してるし「どうしよう!」って思ったところで目が覚めました。
目が覚めた時、夢の中で困ったなって思いながらも嬉しかった気持ちが残っていて、ちょっと幸せな気持ちで目覚めました。

そして2日目の夢は、
もっと具体的で仔犬の風花の子育てを一生懸命している夢でした。
仔犬の風花は可愛くて可愛くて、そしてまた風花に出会えて幸せで幸せで、目が覚めてからもずっと幸せな気持ちで過ごす事が出来ました。

そして3日目の夢はちょっとハッキリしないのですが、やはり犬と暮らしていてこの日もとても幸せな気持ちで目覚めました。
そして、4日目は今度は大人になった風花と楽しく遊んでいる夢を見ました。

そしてそして、なんと5日目の夢は一昨年の冬のように風花が私のお布団に静かに潜ってきてくれて、背中を向けて眠る風花を後ろから抱きしめてピッタリと体を寄せ合って眠っている夢でした。
目が覚めてからも風花の体を抱きしめた感覚が残っていて、とてもとても幸せな気持ちになりました。

最近は目覚めるとすぐに風花のお骨が見えて(未だに和室に寝れずにリビングで小雪と風花のお骨や岳君やチビ風花と寝ていますので。)「あ~~~、今日も風花の居ない1日が始まるんだ」って思い朝から沈んだ気持ちになっていましたので、連日のように夢で風花やワンコに会い、なんだかとても幸せな気持ちになりました。

そして、これは夢ではないのですが先日疲れてうつらうつらしていたら、視線を感じました。
風花が私に何か伝えたい時に良く前や横からじっと私を見ていたのですが、その視線と同じ視線です。
そのまま、まだうつらうつらしていると今度はいつも風花がするように鼻先で私の腕をちょんちょんとつつきました。
ハッとして見ましたが勿論風花はいません。
でも、また目を瞑ると今度はもっとハッキリと風花の視線を感じました。
風花、私が心配で時々一緒に居てくれるようです。

私を見つめる風花です。
2016-11見つめる

嬉しいような、でも、いまだに心配をかけて申し訳ないような気持ちになりました。
風花は未だに私を心配して友達にメッセージを伝えたり夢に出てきてくれたりして私を支えてくれてるのかもしれません。
あんまり風花に心配をかけてはだめですね。

風花、ごめんね。
「もう泣かないで。」って言われるけど「思い出す時は笑顔で」って言われるけど、もう少し、もう少しだけ泣かせて…。
風花の喜ぶ顔を見たいから母さん、頑張るよ。
だけど、もう少しだけ時間を頂戴ね。

そんな事を思っていた百ヶ日の日の朝方、久しぶりに風花の夢を見ました。
夢のなかでは風花と楽しく遊び、そして風花が愛しくて愛しくて風花の顔をいつまでもいつまでもクシュクシュと撫で回していました。
なんだか、とても幸せな夢で風花をとても身近に感じました。
まだまだ寂しく悔しい気持ちは消えませんが、でも「風花はいつでも私の側に居てくれる」って、ようやく実感出来ました。

ここからは風花への私からの手紙です。

『風花、色々な形で母さんにメッセージを伝えてくれて有難う。
もう良いよ。もう母さんの事を心配しないで、そちらの世界で思いっきり皆と遊んでね。
母さん、風花のお陰で少しだけ強くなれたよ。
風花の言うように「いつも一緒!」ってやっと実感できたから、今、心はとっても穏やかです。
だから安心してね♪

まだまだ泣きたい時もあるって思うけれど(泣いちゃうかもしれないけれど)、でも、もう大丈夫!
母さん、もう泣かないよ。だから風花もいつでも笑顔で居てね。
何処に居ても、たとえ母さんの側に居なくても姿形は見えなくっても風花さえ笑っていてくれるなら、母さんはもうそれだけで幸せって、風花のお陰で思えるようになったよ。

思えば、我が家に来た時から風花は母さんを支え続けてくれたね。
今、風花のあの可愛い小さな暖かい舌の温もりはないけれど、でも抱えきれない程の風花との幸せな思い出と共にこれからは強く生きていきます。だから本当に心配しないでね。

風花、本当に、本当に、一杯一杯の楽しく幸せな時間を有難う!何度言っても言いたりないくらい「有難う!」
風花は我が家の太陽だったし自慢の娘だよ。永遠に愛しているし風花と暮らした16年近い年月は母さんの大切な大切な一生の宝物です。
最高の宝物の時間を有難う♪一生消えない幸せな時間を有難う~~~!』

追伸
百か日法要とは?
「 百か日法要は卒哭忌(そっこくき)とも呼ばれ、この百か日法要をもって、残された遺族は「哭(な)くことから卒(しゅっ)する(=終わる)」、つまり、悲しみに泣きくれることをやめる日であることも意味する。」
今日で私も頑張って泣くなのは止めようと思います。

それから、それから今日11月6日は風花のブログのお友達のラフィ&あみままさんちのあみちゃんの18歳のお誕生日です♪
あみちゃん、今も食欲旺盛でお散歩にも行ってるしチッコ&うんPもまだまだ自分で出来ます!
そして何より最高に笑顔の可愛い子です♪
今日のお姫様のようなあみちゃんを見てあげて、そして応援してあげて下さいね♪(写真をクリックしてね。(^v^)
あみちゃん18歳のお誕生日♪

あみちゃんには風花の叶えられなかった『元気で楽しいシニアライフ』をこれからも穏やかにあみちゃんのペースでゆっくりのんびりと過ごしてほしいと願ってます♪(^v^)
スポンサーサイト
2017.11.06 Mon l 風花との日々 l コメント (17) l top
皆さん、こんにちは~♪風花やよ。(^v^)
風花♪♡

母さんがなんや落ち込んでて中々ブログの更新をせえへんから今日は虹の橋から風花が代わりにを書くよ。

風花、今ね、めっちゃ良い所におるねんよ。
痛かった足も痛くなくなって体も元気になって毎日美味しい物一杯食べて広~~~~い原っぱでお友達と掛けっこしたりプロレスしたりして楽しく遊んでるよ。

母さんは毎日「ごめんね。」とか言うてるけど謝る事なんかなんにもないねん。
せやかて母さんも父さんも風花の事、一杯愛してくれたし、美味しいご飯やオヤツも一杯くれたし、楽しいお出かけにも一杯連れて行ってくれたもん。ボール遊びも一杯してくれたよね。
風花、楽しかったよ。
母さん達に会われへんのは、ちょっと寂しいけど、でも、風花が会いたいって思ったらいつでも会えるし、風花はこれからも母さんの側にいつでも居るから安心してね。(体がないから、めっちゃ自由やねんよ。(^v^)

せやから、もう泣くのいいかげん止めてね。
風花もほんとはもうちょっと頑張ろうって思ってたけど、出来たら母さんと一緒にお家に帰りたいって思ってたけど、もう無理やってん。
出来たら、また母さんとこんな風↓に遊びたかったから頑張ったけど、体が言う事を効いてくれへんかってん。
お別れも言えんと慌ててこっちに来てしまって、風花の方こそごめんね。
桜、母さんと♪

けど、さっきも言うたけど、風花はこっちの世界で先に逝った皆に会えて母さんのブログのお友達ワンコさんともお友達になれて毎日楽しく暮らしてるから心配せんといてね。

母さんがあんまり泣いたら風花も悲しくなるよ。
母さん、毎日風花に「ごめんね。」と「有難う」って言うてくれるけど、母さんと父さんと一緒に暮らせて風花も楽しかったよ。
母さんも父さんも一杯可愛がってくれて愛してくれて本当に有難う♪

一つお願いがあるよ。
風花の事を思い出す時はいっつも笑顔で居てほしいな。
風花、母さんの笑顔が大好きやから、これからも笑顔で居てね。約束ね!

虹の橋ではね、先に来た私達が残してきたパパやママ達をずっとずっと待ってるねんよ。(もち楽しく遊びながら。)
風花も母さんと父さんが来てくれるまでいつまでも待ってるから。ね!(^_-)-☆
せやから慌てんとゆっくり来てね。

母さんのパソコンの写真を借りて、ちょっとこっちの世界の様子をお知らせするから見てね。
こんな風に毎日皆で集まって楽しく遊んでるよ。(あっ、もう首輪もリードもないねんよ。みんな自由やよ。(^v^)
公園で、皆と♪

次はベル君と一杯ボール遊びしてるとこやよ。(風花、ボール遊び大好きやから、こっちでもベル君と毎日ボ-ル遊びしてるよ。(^v^)
ベル君とボール遊び♪

大好きなちびちゃんやジャック君、幼馴染の古都ちゃんやベル君にも会えて、風花毎日楽しいよ。
公園で、皆とボール遊び♪

こっちにも桜があるから桜の前で古都ちゃんやベル君や、ぷうちゃんのお兄ちゃんのとらちゃんや、いずもちゃんのお姉ちゃんのケイちゃんやミミちゃんやゴンちゃんやジャック君やサンちゃんとも会えて仲良く遊んでるよ。
桜、皆、仲良し♪

風花、始めは自分がなんでここにおるのか判らんかってん。
母さんや父さんは何処に行ったんかなって、ちょっと寂しくなってたら小雪お姉ちゃんや古都ちゃんやベル君や懐かしいメンバーが皆で風花の事を迎えに来てくれて安心したよ。
せやから、ほんまに風花の事は心配せんといてね。

そうそう。「僕のワンダフルライフ」、母さんが劇場に風花の写真持っていって風花にも見せるから一緒に観たよ。
母さんが「これ観て、風ちゃんも小雪お姉ちゃんと一緒に母さんの所へ帰ってきてね。」って言うてたよ。
うん。風花、また母さんに会いたいから頑張ってみるね。
せやから、もうちょっと待っててね。(小雪お姉ちゃんが先に生まれてたら小雪お姉ちゃんと合体して母さんの所へ帰るから仔犬じゃないかもしれへんから、ちゃんと小雪お姉ちゃんと風花の事を見つけてね!)

追伸やよ。
最後の日に母さんが風花の名前を一杯呼んでくれたのに先にこっちに来てしまって本当にごめんね。
けど、最後まで母さんの声を聞きながらこっちの世界にこれたから、風花は安心してこっちにこられたよ。
母さん、有難う。(^v^)

それから、お友達ワンコさん達からママさんやパパさんへの伝言やよ。
「皆こっちでは1番元気な姿に戻って美味しい物一杯食べて仲良く楽しく遊んでるから心配せんといてね。ほんで皆、いつでもママやパパの側にいるからね。私達の事を思い出す時は笑顔で思い出してね。」ってみんな笑顔で言うてるよ。
せやからお友達ワンコさんのママさんやパパさんも安心してね。(^_-)-☆


以上、友達が風花に頼まれて風花の気持ちを代弁して私に伝えてくれました。
この場を借りて有難う!感謝です!<(_ _)>
なんか涙が出ますが、でも風花の言うように笑顔でいないとね。
折角、風花が私にメッセージを送ってくれたんだから元気出さないと!

記事のアップが中々出来ませんでしたが、なんか風花、元気そうやし、皆と楽しく遊んで、美味しい物も一杯貰ってるようで、安心しました。(寂しいのは残された私達だけですね…。)

ちなみにあやっちさんのブログ「らぶらどる物語」では風花はアルままさん家のすずちゃんと一緒に「虹花畑」って言うお花屋さんをしていて「ホネ型クッキー1個で大きな花束」を作っては、その場でクッキーをアグアグと食べてしまっているようです。(^v^)

ワンコは風花が最後って思っていますが、小雪と風花が私が仕事を辞める1年半後くらいに、またご縁が繋がって私の所に戻ってきてくれたら本当に嬉しいな♪(^v^)

アップが遅くなりましたが、「四十九日に合わせてぐーちゃんのママさんがとっても綺麗なお花を送ってきて下さいました。
光触媒の蘭の花でお手入れいらずで、ずっと長持ちしてくれます。
ぐうたらでお花を育てる事が下手な私にはピッタリでした。
丁度、生のお花が少なくなって寂しくなっていたので、とっても嬉しかったです。
風花の祭壇が一気に明るくなりました。ぐーママさん、有難うございました。
0920-祭壇
ちなみに、ぐーちゃんは今、メラノーマと悪性リンパ腫と一生懸命闘っています。皆で応援してあげて下さいね。

それから風花が食べきれずに残したフードをソレリュンヌさんを通じて保護団体さんにご寄付させて戴いたら、ソレリュンヌさんからとっても美味しいブドウが届きました。
なんだか却って気を使わせてしまって申し訳なく思いますが、でも、とっても甘くて美味しかったです。
もち、風花にもお供えさせて頂きました。ソレリュンヌさん、ありがとございました。<(_ _)>
↓本当は箱で届いたのに、あんまり美味しくてあっという間に食べてしまって写真を撮り忘れました。(^^ゞ
0916-ブドウ
ソレリュンヌさん家では、いつも保護っ子ちゃんを一時預かりされていて、素敵な里親さんに巡り合うまでのお世話をされています。
いつも可愛い元気な子がいますよ。良かったら覗いてみて応援してあげて下さいね。(^v^)

それと、中々アップ出来なかったんだけど先月さくらちゃんと凪君のママさんに会いに行って可愛いさくらちゃんと凪君に会ってきました。
さくらちゃん、一杯抱きしめさせてくれてキスもさせてくれて有難う~。
おばちゃん、久しぶりのラブの感触にとっても癒されました。(^v^)
甘えん坊の凪君も有難うね~。
2017-0902-さくらちゃん&凪君♪
さくらちゃんは12月で16歳です。風花が叶えられなかった夢をさくらちゃんには是非叶えてほしいです。(^v^)

そして一昨日(7日の土曜日)、わるっちママさんの所へお邪魔してベル君やわらび君に会ってきました。(ベル君はお写真だけでナデナデ出来ませんでしたが。)
部屋中にベル君のお写真が溢れていて、いかにママさんやパパさんがベル君を愛していらっしゃったのかが良く判りました。
ベル君には直接会えなかったけど可愛いわらび君には会えたので可愛いお写真を載せますね。(^v^)
2017-1007-わらび君

ママさんとのワンコ談義は尽きず、ついつい長居をしてしまいました。
次回、また風花に会いに来て下さるお約束をしてお別れしました。
わるっちママさん、本当に色々有難うございました。一杯お話しさせて頂いて心が少し軽くなりました。(^v^)

最後に、ちょっとピンボケだけれど風花の笑顔の写真を見て下さいね。
風花♪

長い文章を今日も最後まで読んで下さって有難うございます。
これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)> ってまだ見に来て下さる方、いらっしゃるかな?汗。
2017.10.09 Mon l 風花との日々 l コメント (28) l top
こんにちは。
本当は11日の月曜日が四十九日だったのですが仕事だったので10日の日曜日に風花のお骨と一緒に霊園に行って風花の四十九日法要をして頂きました。

Sさんやぷうちゃんママが一緒に行って下さいました。(ぷうちゃんの先代犬のとらちゃんが丁度この日に5周忌でしたので一緒に法要して頂きました。)

最初に事務所に寄りお願いしていた風花の石碑(SさんとSさんのお嬢さんが風花の為に作って下さいました。)を受け取りました。
まだ若い頃の風花で、ちょっと勝気そうなお顔をしていますが、とても可愛く出来ていて有難く嬉しかったです。
見て下さいね。(^v^)
風花-肖像画

その後の法要の様子です。
この日は法要に訪れた方が多くて風花やとらちゃんも含めて5組の方達と合同で法要をして頂きました。
四十九日法要

風花、無事にお空に帰れたかな?(この日は写真を撮り忘れたので12日の火曜日の写真ですが、当日もこの空のように秋の晴れた空でした。)
0912-空

四十九日に会わせて友人がとても綺麗なブリザードフラワーを風花に贈ってくれました。
そして、なんと11日の風花の四十九日に合わせて風花の病院の院長先生と看護主任さん(風花の最後を看取ってくださったお二人です。)から綺麗なお花が届きました。
お花-院長先生&主任さん

主任さんからは風花のお誕生日にも、ご丁寧なカードを頂きましたし、その時に「病院の方針としてお花を送る、やカードを送る、等はしない。」ってお聞きしていたので、とても驚くと同時に、すごく嬉しかったです。(カードを私に送るだけでも院長先生に「出しても良いか?」って聞いておられたぐらいですから。←院長先生から「出してあげて」って快諾して頂いたようです。)

カードには「風花の笑顔を忘れない」って主旨のメッセージが書かれていました。

病院からお花を頂けるなんて思ってもいなかったので有難くてすぐに電話でお礼を言いました。(院長先生は診察中だったので主任さんとお話ししました。)
その時に主任さんが風花が亡くなったあと、ご挨拶に伺った時にお菓子と一緒にお渡しした風花の写真を、ご自分のロッカーに貼ってくださっていて「毎日、風花ちゃんに会っていますよ。風ちゃんの事は忘れません。」って言って頂いて、またまた涙が止まりませんでした。
毎日沢山の患者さんを診ておられるなか、風花の事を「忘れない」で頂けて嬉しく有難かったです。

最近、風花がまだ若犬(2歳前後)の頃の日記を懐かしく読み返しています。
日記の中の風花は私に叱られながらも毎日お友達ワンコと楽しく遊びお友達ワンコのママさんやパパさんに可愛がって頂き、家に帰れば色々悪戯しつつ、生き生きと毎日をパワフルに楽しんでいました。

その時の写真を見てやって下さいね。「お転婆風花」「爆裂風花」「台風花(たいふうか)」等と呼ばれていた頃の風花です。
まず1枚目はちょっと吹き替えを入れて遊んでみました。(当時です。)←風花、まだ9ヶ月半の頃です。
02-0605(風花9ヶ月半)

次は風花1歳7ヶ月半のやんちゃ盛りの写真です。
ちなみに風花にべろべろ舐められて、ちょっと迷惑顔してるワンコが風花が最後に会ったワンコママさんの家のワンコで「ちびちゃん」です。(^v^)
03-0401(風花、1歳7ヶ月半)

もう1枚。桜の下での集合写真。(いつもはもっと沢山居るのですが(小さい子も大きい子も合わせて常時10頭以上居ました。)、この時は8頭だけでした。)←皆、先にお空に帰ってしまいました。今頃、お空の上で大運動会をしてるかも、です。(^^ゞ
03-0403(風花、1歳7ヶ月半)


ここからはちょっと暗い話になるかもです。そう言うの苦手って方はスルーして下さいね。<(_ _)>

あんな形でお別れとなって今でも悔しく苦しい思いはありますが、でも風花と暮らした15年と9ヶ月ちょっと(風花は生後2カ月で我が家の娘になりましたので。)は、私にとってかけがえのない楽しく幸せな時間でした。

それだけに風花が逝ってしまってから毎日毎日「なんで風花は死んでしまったのか?何か重大な事を見逃してしまって風花の命を縮めてしまったのじゃないか?」等々、自分を責めて悔しく苦しい毎日でした。

今年は3月に母(90歳)も見送りましたが、母の時は申し訳ないけれど、それほど涙は出ませんでした。
母は10年以上認知症と闘い徐々に徐々に記憶は薄れ体も不自由になり最後の2年近くはほぼ自分の意思では何も出来ない状態で生活するには全介助が必要でした。(介護は父と私で頑張りました。)
なので母の死は頑張って頑張って、もうこれ以上は可哀そうって思うほど頑張って生ききったって感じでしたので亡くなった時は、ただただ「お疲れ様。今まで有難う。ゆっくり休んで先に行ったお姉さん(叔母たちです。)達と積る話をしてね。」って送り出せました。

けれど風花は16歳間近とは言え、元気にお散歩に行って(直前のお散歩でも綺麗なウ○チ&オシッコも自分でして)、ボール遊びや玩具でも遊び(亡くなる前日も休憩しつつですが何度も私と玩具で遊びました。)、亡くなる前の2日程はちょっと食欲もなかったけれど、それまでは、なんとなく不調とは言え7割~8割くらいはご飯も食べていました。

もうすぐ16歳なんだから「死」が近付いているのは判っていましたが、それでも、その瞬間まで風花が死んでしまうなんて思いもよらず、愚かな私はまだまだ元気に16歳、そして17歳を迎えてくれるものと思い込んでいました。

「いよいよ歩けなくなったらカートでお散歩しよう」「お布団も床ずれしないように新調しよう。」「いざとなったら仕事も辞めよう」等々、色んな事を思って風花と過ごしていました。
けれど、風花はそのどれも私にさせることなくあっという間にお空へと帰って行ってしまいました。

若い頃から元気でタフだった風花はメラノーマの手術の後も前足に包帯をぐるぐる巻きにしつつ元気にお散歩に行き院長先生他、病院のスタッフさん達を驚かせていました。
なので呑気な私は、風花はまだまだ頑張ってくれる。なんたって風花はタフだもん。
お散歩だってまだ2時間だって歩ける。まだ生ききっていない!
「だから大丈夫、大丈夫!」って勝手に思い込んでいました。

勿論、風花が痛い苦しい思いをする事は私の1番望まない事ですが、でも、もっともっと風花と一緒に暮らしたかった、風花の介護をしたかった…。
そんな思いが頭を離れず眠れない毎日が続いています。

でも、考えたら悪性で質の悪いメラノーマを発症して2年、風花は頑張って元気で居てくれたのです。
神様は突然風花を私から奪った訳ではなく2年もの時間を私と風花にプレゼントして下さったのです。
それに気付かずのほほんと毎日を送り、大切な風花との時間を無為に過ごしてしまいました。

「3年したら仕事、辞めるからね。そしたらずっと風ちゃんの側にいるよ。だから3年頑張ってね!」って風花に約束したのに…。
約束の3年を過ぎても私は仕事を続けてしまいました。
風花はちゃんと約束を守って3年間頑張ってくれたのに!です。
「風花の為にお金が必要だった」なんて言い訳です。私は約束を破ってしまいました。
そのことを今でも風花に謝り続ける毎日です。

でも、今、仕事があるお陰で私は随分救われています。
仕事がなければ1日中、家に籠り頭がおかしくなっていたかもしれません。
そう思うと風花は本当に親孝行な子だったのだと思えます。

風花が居たから毎日頑張れました。今は毎日腑抜けのような状態です。
でも風花は居なくなってしまいましたが風花がくれた幸せな幸せな時間の記憶は決して色あせることなく私の心から消えません。
風花との時間は永遠に私の大切な宝物です。

風花に謝り続けると同時に、風花に「一杯ごめんね。だけど風花と暮らせてお母さんは最高に幸せだったよ。楽しい時間を有難う!お母さんの娘になってくれて有難う!」って最近ようやく風花に言えるようになりました。

風花が亡くなった時には沢山の方にお花を頂き、メールや電話で慰めて頂き、ランチや買い物に私を誘って休日は家にこもりがちな私を連れ出してくれて沢山の方に支えて頂きました。
本当に有難く心から感謝の気持ちで一杯です。

友人やワンコ友達のママさんやパパさん、そしてブログで知り合った方達に愛して頂いて可愛がって頂いて、風花は本当に「幸せワンコ」だったんだって改めて思っています。
そう思う事で心が癒され、ほんの少しだけ前へ進めそうです。本当に有難うございました。

四十九日を終えて、風花にお花を下さった方達に心ばかりのお礼の品をお渡ししてきました。
ネットでお知り合いになれてお花を頂いた方達にもほんの気持ちばかりのお品を送らせて頂きました。
本日(水曜日)発送ですので早ければ明日(木曜日)か明後日(金曜日)に届くと思います。
もしも、もしも届かなかった場合、どうぞ遠慮なくお知らせ下さいね。宜しくお願いいたします。

追伸
色々迷った挙句、変な取り合わせになってしまいました。
風花と私からの気持ちですので、ご笑納いただければ嬉しいです。m(__)m
2017.09.14 Thu l 風花との日々 l コメント (20) l top
こんにちは。
随分ご無沙汰してしまいましたが、今日で風花がお空の住人になってから1ヶ月と2日経ちました。
明日(月曜日)は風花の5七日です。

この1ヶ月、なんだか夢を見ているようでアッと言う間だったような、でも、とてつもなく長かったような…。
まだまだ風花が居ない生活を受け入れられなくて、目が、手が、耳が、そして心が、風花を追い求めています。
あの笑顔をもう1度見たい!抱きしめたい!「ハアハア」が聞きたい!、そして見つめられたい!
叶わぬことを承知で夢想しています。情けないですね…。

さて、アップが遅くなりましたが8月16日は風花の16歳のお誕生日でした。
と、言っても風花はもう虹の橋の住人なのですが。(お誕生日まで、あとたったの22日だったと思うと切なく悔しいです。)
でも、四十九日まではお家にいるようなので予定通り皆さんに集まって頂いて風花の16歳のお誕生日祝いをしました。

当日は風花の思い出話をしたり写真を見たりして皆でワイワイガヤガヤと賑やかに楽しく笑顔で風花を偲びました。
来てくださった方達はティアラママさん以外は皆さん先代犬の小雪の頃からのお友達なので風花の事を仔犬の頃から可愛がって下さった方ばかりです。
なので風花の仔犬の頃や若い頃の写真にはお友達ワンコさんと笑顔で楽しく遊んでいる写真も多く、風花だけでなく先に虹の橋に行ってしまったお友達ワンコさん達の思い出話にも花が咲き、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
楽しい事が大好きな風花なので、きっと大喜びで皆さんの周りを最高の笑顔でぐるぐるとはしゃぎまわっていたと思います。(^v^)

写真を見たり話をしていると、写真の中の風花はどれも笑顔で楽しそうで、そして皆さんの記憶にある風花も笑顔で楽しい子で、皆さんが言葉を揃えて仰って下さったのは「風ちゃんの苦しい顔なんか想像出来へん。風ちゃんはいっつも笑ってて楽しいくて可愛い子やったもん。」って仰って下さり、大急ぎで逝ってしまってお別れも言えなかったけど苦しむことがなかったのは良かったんだなって思えました。

そう思うとほんの少し心が軽くなって来て下さった皆様に、ただただ感謝の気持ちで一杯の1日でした。
話が長くなってしまいました。<(_ _)>  写真を見て下さいね。(^v^)

まずは去年(2016年)の風花の15歳のお誕生日の写真です。
風花、笑顔で皆さんをお出迎え。(^v^)←1番最初に来た方には熱烈大歓迎で嬉しくて興奮しすぎて暫く玄関から家に入れないほどでした。(^^ゞ
20160816-風花

皆さんに囲まれて。顔がちょっと固まったように見えますが、大好きな方達に来て頂いて嬉しくて、はしゃぎすぎて、記念写真を撮る頃にはちょっと疲れてしまい電池切れ。(^^ゞ
20160816-風花お誕生日

ここからは今年の写真です。
皆さんが来られる前の写真です。
20170816-全体

20170816-04.jpg

皆さんが持ってきて下さった「お誕生日ケーキ」です♪(^v^)
20170816-ケーキ

皆でケーキでお祝い。勿論、風花にもお供え。(^v^)
20170816-皆でケーキ

ぷうちゃんとティアラちゃんも来てくれて。(^v^)
ぷうちゃんが遊んでいるのは風花のお気に入りのボールです。
去年もこのボールがお気に入りだったので同じボールで新しい物をあげましたが、何故か遊ばず。
風花が使ったこのボールが良いようです。(^v^)
20170816-ぷうちゃん♪
ティアラちゃん、何か風花と岳君にお話ししてますね。←本当は立ちあがって岳君にチューしてくれたのですがカメラが間に合いませんでした。(^v^)
20170816-ティアラちゃん♪

皆さんとワイワイ楽しく♪(^v^)
20170816-皆01

こんなに皆さんに愛してもらって風花は本当に幸せな子だったなって改めて思えて、心が救われました。
何度も書きますが、来て下さった皆さんに本当に感謝の涙の1日でした。

皆さんが帰られた後にしーちゃんから風花へのお誕生日祝いのお花が届きました。しーちゃん、有難う~。<(_ _)>
そして16日は朝からスーパーへ行ったにも関わらずスイカがなかったので17日になってしまいましたがスイカもお供えしました。
20170817-すいか

ここで写真立てのワンコをご覧ください。右の風花(2005年4月29日、ハナキッスにて)と表情が似ていませんか?
ちなみに風花、風船飛ばしが上手で風のない日には1度も下に落とさず130回以上風船を突く事が出来ました。(ビデオに撮っておけば良かったです。)
風花がヨタヨタしながらも、まだ元気だった頃、年配の男性に「この子、いっつも上手に風船を飛ばしてた子やろ。」って声をかけられたそうです。
若い頃にいつもご近所の公園で風船を飛ばしていたのを見ていて下さって覚えていて下さったようです。(^v^)
風花20170816-ワンコ写真立てと

お誕生日の話の最後に風花がまだ1ヶ月半位の頃の写真も見てやって下さいね。
向って1番左端の一人だけ横を向いているのが風花です。←この頃からマイペース?(^^ゞ
2001-ベビー風花

月命日に合わせてさくら&凪ママさんが綺麗な可愛いお花を送って下さいました。
しーちゃん、さくら&凪ママさん、有難うございました。<(_ _)>
お花

昨日26日の土曜日は地域の盆踊りでした。
風花が2歳の時、浴衣を着せて盆踊りに参加した事があります。
その時の写真はありませんが家で記念撮影した時の風花の浴衣姿です。似あってますか?
ちなみに、この浴衣を着ていったのは良いのですが大好きな方に会った途端、大喜びで駆け出して胸がはだけて凄い事になってしまいました。苦笑。
でも、行く先々で皆さんに「可愛いねぇ~♪」って誉めて頂きました。(^v^)
2003-0815-浴衣

今となってはとても良い思い出です。

追伸
最近よく空を見上げる事が多くなりました。なんかお空の上から風花がひょっこり覗いてるような気がして。
特に飛行機雲を見ると、上機嫌で風花が雲に乗ってる気がしてじっと見つめてしまいます。
風花、落っこちて戻ってこないかな?
飛行機雲
空を見上げていると「涙そうそう」の歌が心の中で聞こえます。
1番は小雪に、2番は風花に、そして3番は2人に…。

Sさんのお孫さんのK君が毎日毎日「風ちゃんが居なくなってから今日で○日。」とか「1ヶ月前の今日は風ちゃんと遊んだ日」とお母さん(Sさんのお嬢さん)に言ってくれてるそうです。
Sさんから、そのお話を聞き、私達以外にも風花の事を毎日考えてくれてる子がいるって思うと胸が熱くなりました。
K君、本当に有難う!K君にそんな風に言ってもらえて風花はきっと大喜びしてると思います。(^v^)

まだココに遊びに来て下さって日記を読んで下さった方へ。
今日も長い文章を読んで下さって有難うございました。
                  感謝を込めて。 ラブ母
2017.08.27 Sun l 風花との日々 l コメント (22) l top
今日で風花がお空の住人になってから18日も経ちました。
まずは、風花の「最後の日」の記事に風花への沢山のお悔やみの言葉と私への暖かい励ましの言葉を有難うございました。<(_ _)>
皆様の優しい言葉に励まされ癒されている私です。本当に有難うございました。

本当はもっと早く風花の初七日までの事を書きたかったのですが、中々風花の最後の写真と向き合う事が出来ず今日になってしまいました。
でも風花の最後の日から初七日、そして今日(8月12日)までの事を風花の生きた証の為にも私自身のためにもキチンと忘れないうちに書いておきたいと思います。
風花の最後の写真(亡くなってからの)もあります。おまけに長文です。<(_ _)>
そう言うのは苦手って方はスルーして下さいませ。宜しくお願いいたします。<(_ _)>


7月26日(水曜日)、風花が旅立って1日です。
有難い事に朝から沢山の方が風花へお別れを言いに来て下さいました。
風花が仔犬の頃からずっと可愛がって下さったお隣の方。
そして風花の大好きなK君ご家族。お散歩仲間のぷうちゃんやティアラちゃん等々本当に沢山のご近所のお友達が風花にお別れを言いに来て下さいました。(狭い我が家が人で一杯になりました。)

K君が風花にお別れを言ってくれてます。
風花、本当に穏やかに眠っているようで今にも起きてきそうな気がしました。
0726-K君と

皆様にも撫でて頂きました。
0726-皆さん

お昼には学生時代の友人も駆けつけてくれて。
寂しかった風花の周りに徐々にお花も増えて。
0726-風花01

夕方には風花が最後に会った大好きなワンコママさんのⅠさんや、更にブログでお知り合いになったクレアママさんご夫妻もわざわざ風花にお別れを言いに来て下さって(風花だけじゃなく私達にまで美味しいクッキーを持ってきて下さって)、お会いするのは「はじめまして」でしたが、なんだか初めての気がしなくて。
お仕事でお忙しい中、本当に有難く嬉しかったです。風花も穏やかに笑っているようです。
0726-風花10

夕方には再度、ぷうちゃんやティアラちゃんも来てくれて。
風花&ぷうちゃん&ティアラちゃん


7月27日(木曜日)、お葬儀。今日で本当に風花とお別れです。
最後に風花を皆さんから頂いたお花で飾り。お気に入りの玩具やオヤツも持たせて。
0727-風花とお花02

その後、葬儀です。
私達夫婦以外にK君も含めて総勢9人で賑やかに風花の葬儀&お骨上げまでをしました。
賑やかで楽しい事の大好きな風花、大好きな方達に見送って貰ってきっと大喜びだったと思います。
私達夫婦も夫婦2人だけじゃなく大勢でワイワイお見送り出来たのでとても有難く嬉しかったです。

皆さんの寄せ書きに見送られて。
0727-霊園で-寄せ書き01

その後、お坊様にお経を唱えて頂き。
0727-霊園で

そして、いよいよ本当に最後のお別れです。皆さんが風花へお別れを言って下さいました。
私は何度も何度も風花に頬づり&キスをしてお別れを言いました。(本当はお別れなんか言いたくなかったです。)
0727-霊園で-最後のお別れ

火葬が終わり、お骨あげの時に係りの方に
「もうすぐ16歳のラブラドールで、こんなに綺麗な骨を僕は見たことがありません。歯も綺麗だし、足もしっかりしてて最後までしっかり歩いてた事が良く判ります。そして、この子は最後までしっかり生きてましたね。鼻の骨の中にある鼻空(?)の色を見れば判ります。普通はこの歳になると黒かグレーなのに、この子は綺麗なピンクをしています。本当に最後までしっかりしてて生ききりましたね。お父さん、お母さん、本当に良くお世話されましたね。」って言って頂きました。

誉めて頂いたのは嬉しいのですが、でも「やっぱり風花はもっとっもっと生きられたんだ。」って思い、悔しくて辛くて、つい呟いてしまいました。
すると係りの方が「お母さん、それは欲と言うものです。これ以上生きたら、ひょっとしたら苦しいしんどい思いをこの子はしたかもしれません。凄く頑張って生ききったのだから「有難う!」って言って笑顔で送りだしてあげましょう。」って言われました。

最後にお会計をする時も「あの子は良く頑張りましたよ。誉めてあげて下さいね。」って言われ、「これ以上は風花を苦しめたのかもしれない」って思いつつ、やはり「もっともっと。せめて16歳のお誕生日は一緒にお祝い出来たのでは。」って思ってしまいました。
欲ですね…。

お骨上げが終わり、大好きなK君に拝んでもらって。
0727-霊園で-K君と

家に帰って、ようやく落ち着きました。先代犬の小雪と並んで。大好きなスイカをお供えしました。
0727-すいか

「岳君(ラブラドールの男の子の置物)」と「ちび風花」と。
0727-ちび風花


7月28日(金)
お昼に友人達が来てくれたり、夕方には29日(土)に帰るK君も来てくれて最後のお別れのお参りをしてくれました。
K君、長い間、風花とお話ししていました。
風花と小雪のお骨を代わる代わる愛しそうに撫でてくれました。(小雪も風花も大喜びだったと思います。)
0728-K君


7月30日(日)
この日もお花が届き。スイカをお供えしました。
0730-すいか


8月1日(火)にもお花を頂きました。皆様、本当に有難うございました。
0802-お花

ふた七日の8月7日(月)にも新たにお花を頂きました。丁度頂いたお花がちょっと萎れてきていましたので嬉しかったです。

皆様、今回は風花にお花を贈って下さって本当に有難うございました。
ブログを始めて4ヶ月足らずでしたが、風花の事を皆さんに知って頂き可愛がって頂きお花まで頂いて本当になんてお礼を言って良いか判らないくらい有難く感謝です。
風花、本当に幸せワンコです。有難うございました。<(_ _)>

頂いたお花の写真です。
クレアママさん、ベー母さん、リュウママさん、ベル&ジニ―ママさん。本当に有難うございました。<(_ _)>
お花-皆さん

わるっちママさん、えくぼママ&ミクママさん、お世話係りさん、ラフィ&あみママさん。本当に有難うございました。<(_ _)>
お花-皆さん01

個別の写真はありませんが、お隣のYさん、風花を最後に可愛がって下さったⅠさん、ご近所のワンコママさん達、ご近所のⅠさん、友人達、風花にお花を頂き、本当に本当に有難うございました。


そして8月10日、そろそろお花がなくなる頃を見計らってお花を贈ってくれたみんみんさん、8月11日にも初盆にって胡蝶蘭を贈ってくれた友人。

本当に本当に有難うございました。風花、本当に幸せワンコです。(^v^)
お花を頂く度に風花も喜んだと思いますが私達夫婦もとても心癒され励まされました。心からの感謝を込めて、有難うございました。<(_ _)>


今日8月12日(土)の写真です。
0812-‫祭壇

お空の住人になって18日、風花、本当に本当に幸せワンコだったと私達も心が癒され助けて頂いています。
皆様、本当に本当に有難うございました。感謝の気持ちで一杯です。
風花は居なくなってしまいましたが、風花が繋いでくれた皆様とのご縁に感謝してこれからも皆様の大切な毛深い子達を応援させて頂きたいと思います。
今はまだ涙、涙の私ですが、少しずつ風花の若くて元気だった頃の事も書いて行けたらなって思っています。
どうぞこれからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>

追伸
風花、大好きなK君に病院に迎えに来てもらい家に連れ帰ってもらい、そして出棺の日もK君に一緒に運んでもらい、お葬式にもお骨上げまでもしてもらい、帰る前日にも一杯なでなでしてもらって一杯お話しして貰って本当に幸せだったと思います。

元気だった風花が何故亡くならなければならなかったのか?今もエコーを撮る、あの瞬間を思い浮かべては後悔の日々ですが、ひょっとして風花はK君の居る間にお空に旅立ってK君に最後まで見送って欲しかったのかもしれません。
風花が時を選んで旅立ったのかも…。そう思うと、ほんの少し気持ちが救われます。
2005年2月、風花3歳半とまだ赤ちゃんのK君。
そして2006年10月、風花5歳と3歳頃のK君の写真を見てやって下さいね。(^v^)
20050502-K君と

20061010-K君大好き♪

そして今日までに3回、風花は私の夢に出てきてくれました。
まず、7月30日、疲れて(あまり眠れてなかったので)ほんの少しうつらうつらとしている時にお腹をぐいぐい押してくる感覚を感じました。
生前、風花が良く私のお腹をぐいぐい押して甘えていたのですが、それと同じ感覚です。
ハッと目が覚めましたが勿論風花はいません。でも、確かに風花を感じました。きっと風花だったと思います。(思いたい。)
4月25日の写真ですが、こんな感じでいつも私に甘えていました。
0425-風花甘える

8月8日、風花、夢の中で美味しそうにバクバクとご飯を食べていました。嬉しかったです。

そして今日8月12日、夕方少しうつらうつらとしていたら夢をみました。
風花がお散歩に行こうと誘いに来て「お散歩に行くの?」って聞いたら、とびっきりの笑顔で何度も「行く行く!」って力強くお手をしてくれました。
ハッと目が覚めたら4時でした。
あまりにハッキリとした夢で風花の笑顔も可愛くて嬉しくて嬉しくて、とても幸せな気持ちになりました。
出来れば夢から覚めたくなかったな。
もしかしたら楽しい事の大好きだった風花が、いつまでもめそめそしている私を見てはっぱかけに来てくれたのかもしれません。
風花のお陰で少しだけ元気になれました。風花、有難う。

そしてそして、8月16日の風花のお誕生日会を「風ちゃん、四十九日まではお家にいるでしょ。」って事で予定通り皆さんで集まって(風花へのお誕生日ケーキも持ってきて下さって)風花の16歳のお誕生日祝いをして下さる事になりました。ヽ(^o^)丿

長いあいだ、ブログをお休みして、もう誰も見て下さっている方もいらっしゃらないかもしれませんが、もしも見て下さって長い長い文章を読んで下さった方がいらっしゃいましたら感謝いたします。
本当に有難うございました。そして、これからも宜しくお願いいたします。<(_ _)>
2017.08.12 Sat l 風花との日々 l コメント (24) l top